商品企画のつらいこと、大変なこと、苦労

商品企画のプレッシャー

新規商品を企画することが決まり、市場調査でどんなものにニーズがあるかを掴んだら、そのニーズにぴったりはまる商品を考える必要があります。

このアイディア出しの時点で、なかなかいい新規商品を思いつけないと、商品企画の人は苦しい時間を過ごすことになります。

他部門の人を待たせている、自分が何かひらめかないと何も前に進まない、という状況の場合、プレッシャーはますます大きくなるでしょう。

かと言って見切り発車で中途半端な企画を出すと、それはそれで売上が伸びず、結果的につらい思いをします。

常にベストなアイディアを求められる商品企画職は、大変な頭脳労働といえるのではないでしょうか。

イノベーターとしての自負と売上の板挟み

いいアイディアが浮かんでこないときは、営業部門から要望の強い他社対抗品に取り組んだりするそうです。

すでに売れている商品の二番煎じなのでリスクも少なく、価格勝負なので営業担当としては売りやすいからです。

そういった商品は売上面で結果を出せることが多いのですが、やはり商品企画担当者としては、業界に革新を起こすイノベーターとして活躍したいという思いが強く、経済面とやりがいとの板挟みになることがあるようです。

周囲との調整が大変

商品企画の仕事は、いいアイディアを出したらそれで終わり、ではありません。

それがいかにいいアイディアなのかを経営陣や営業担当に納得させ、企画にゴーサインをもらう必要があります。

どうすれば相手を説得できるか、四苦八苦しながらプレゼンを練ります。

企画が通っても、限られた予算の中でどれくらい理想型に近づけるか、開発部門とのコミュニケーションが欠かせません。

ダメ出しをしすぎて開発担当にヘソを曲げられても困りますから、なだめすかしながら二人三脚でアイディアを形にしていきます。

商品自体が完成に近づいたら、次は宣伝・広告部門との擦り合わせです。

担当者にニーズとアイディアの関係、ターゲット層を正確に理解してもらい、売上に繋げるため、ここでもコミュニケーションに膨大な時間が費やされます。

商品企画職には、ひらめき力に加え、マーケティング能力やプレゼン能力、コミュニケーション能力を備えたマルチプレイヤーが求められます。

苦労を楽しいと思えるくらいでないと、務まらない仕事かもしれません。