商品企画のキャリアパス

実績を買われて管理職に

商品企画として勤務先に大きな貢献を続けている人であれば、管理職に引き立てられることもあるでしょう。

まずは商品企画部門の部長や室長となり、さらに成果を出せれば、経営判断を行う部門(事業部という名称のことが多い)へ異動します。

そこでの活躍次第では事業部長となり、さらには取締役、社長になれる可能性だってあります。

もちろん社長にまでなるのはごく一部の限られた人です。

しかしとくに製造業では業界について詳しい人物が経営判断に関わることで、市場ニーズに見合った企画を通すことに重点を置くため、出世コースは絵空事ではないのです。

商品企画としてのキャリアを極める

商品企画という仕事を愛し、誇りを持っている人であれば、企画の仕事から離れることなく、現場での企画や後輩指導にまい進していくというキャリアパスもありえます。

この場合、定年まで高いモチベーションを維持する難しさはありますが、転職という形で環境を変え、年収アップを計っていくことで、定期的に心機一転を繰り返すことはできるでしょう。

一般的に商品企画としてスペシャリストを目指す人は、社会的野心よりも職人気質を強く持った人に多いようです。

独立して起業・フリーランスの道も

商品企画としてある程度のキャリアを積み、組織の中ではなく個人としての技量を試してみたいという人は、独立して起業するのもひとつのキャリアパスです。

起業の段階ですでに何人も従業員がいるというケースはまれでしょうから、基本的にはひとりで何役もこなすスタイルで仕事をすることになります。

独自商品の企画から開発・販売までをするのか、他社から請負で企画のみを担当するのか、会社の業務形態によって、必要とされるスキルや人員も変わってきます。

法人化せずにフリーランス(個人事業主)として活動する人もいます。

これは法人化した方が仕事が取りやすいか、税金についての考え方、生活スタイルへのこだわりなどを総合的に考慮して、法人化しない方を選んだ人でしょう。