小学校教師(小学校の先生)の仕事内容

仕事内容

小学校の先生は、基本的にはすべての科目を一人で教えます。なかには音楽や体育などを専門に教える先生を配置している学校もあります。また、近年は、一つのクラスを二人の教師で教えるチームティーチングという取り組みも進んでいます。

小学校の先生の役割は生徒に勉強を教えることだけではありません。6歳〜12歳の間は人格形成に大きな影響を与える時期です。子どもたちの個性を伸ばし、人間性豊かに育つように指導をすることも教師の大きな役目です。小学校教諭は社会的責任の大きな仕事と言えるでしょう。

授業や給食、ホームルームなどの時間以外にも数多くの業務があります。授業の準備やテストの採点、学級会や運動会の準備、家庭訪問、遠足、PTA、教員会議など、さまざまな仕事をしなければなりません。

小学校教師の一日

出勤

小学校の教師の勤務はだいたい朝8時過ぎからになりますが、全教科を教えるということから授業の準備等で忙しく、早い人では7時過ぎには学校に来ています。

学校の仕事は教職員の朝の打ち合わせから本格的に始まります。まず、教職員全体で、その日の行事等の連絡をし合います。その後、学年ごとに細かな打ち合わせを行います。授業のことであったり、児童のことであったりと内容はさまざまです。

午前中

朝の打ち合わせには10分くらい使います。ただ、打ち合わせの間、児童たちは教室で朝の会等をしていますので、何か問題があったときには、すぐに教室へ駆けつけます。打ち合わせが終わると、それぞれ教室へ向かい授業の開始です。

授業は1時限が45分です。授業の合間には10分の休憩時間がありますが、これは児童の休みであって教師の休みではありませんので。基本的には児童と遊んだり、宿題の◎つけをしたりしています。高学年だと6時限までありますが、低学年の場合は4〜5時限になります。

午後

給食の時間は児童と一緒に準備をして、教室で食べます。片付けもします。その後、清掃の時間があり、児童と一緒に教室やトイレ、特別教室などを掃除します。

昼休みが終わったら、午後の授業が15時半くらいまであります。帰りの会をして16時前に児童を下校させます。授業はこれで終わりです。

児童帰宅後

この後、職員の休憩が45分あります。しかし、ノートの◎つけや次の日の授業準備などをする必要がありますので、実際には休憩できません。

また、部活動の担当になった場合は、16時ごろから活動を始めますので、事務処理等は後回しになります。

17時過ぎが退勤の時間です。しかし、退勤する人はほとんどいません。授業準備や事務処理に時間が掛かりますので、多くの人は退勤時刻が18時から19時の間くらいになります。
 

このエントリーをはてなブックマークに追加