小学校教師として大切にしていること

叱るより褒める

私が教師として大切にしていたことは、「叱るより褒める。」ということです。

教師を始めたばかりの頃は、児童になめられてはだめだということで、常に注意ばかりしていました。それは、今考えてみると、良くなかったと感じます。

叱ることばかりしていると、どうなるかといいますと、教師自身の顔から笑顔が消えていくのですね。

そうすると、児童の態度はおとなしくなったとしても、児童は教師によって来なくなります。それで、教師と児童の関係も悪くなってしまいます。

褒めることの大切さ

これではいけないと、教師の経験を積むうちに、褒めることの大切さを学ぶことになりました。

私自身、もともとは笑顔の絶えない人間です。だから、そのままの自分で行こうと思いました。そして、毎日、多くの児童と遊び、褒めることを実践しました。

この褒める実践をして効果はありました。よくできている児童を褒めることで、他の児童も、褒められたい思いから、良い行いをたくさんするようになっていきました。

また、私自身も笑顔がずっと続き、児童たちとも毎日遊ぶようになりました。

ただ、教師が児童を褒めるとき大事なのは、本当に心の底から褒めるということです。うわべだけの褒めでは駄目ですね。児童はそういうことは敏感に感じ取ります。

叱ることも大事

では、叱ることは一切しないのかといいますと、そうでもありません。良くない行いが続く場合は、叱ることもします。しかし、感情に任せて怒るのではなく、冷静な態度で諭します。
この叱ると褒めるの割合ですが、私も教育書などから学んだのですが、3対7くらいが良いそうです。

つまり、叱るより褒める割合が高いですね。褒めるということは叱るということよりも難しいようです。

しかし、細かく児童を観察していれば、ほんの些細なことでも褒めることはできます。教師の手伝いをしてくれたことや、友だちを助けてあげたことなど探せばいくらでも見つかります。

以上のように、私は、叱るよりも褒めることを常に頭に置きながら、教師を続けてきました。

仕事体験談