小学校教師のつらいこと、大変なこと、苦労

児童の多さ

小学校の教師はほとんどが担任を受け持っています。そのため、様々な苦労があります。

まず、大変なのは、児童数の多さです。小学校教師は、担任を受け持つ学級の、児童の性格や学力、人間関係、家庭の様子などを把握しておかなければなりませんが、児童数は、低学年の1、2年生を除き、40人学級の自治体が多いです。だから、1学級の児童数は、30人〜40人にくらいになります。

最近では、児童数が減少していると言われていますが、それにともない1学級の児童数が単純に減るというわけではありません。実は児童が1人増えたり減ったりすることで学級の児童数も変わってくることがあるのです。

1学級の児童数

例えば、40人学級制で話をしますと、60人の児童が入学した場合、30人ずつの2クラスに分けられます。しかし、81人入学したとすると、2クラスに分けると1クラスが41人になってしまい40人学級制に反します。その場合は、3クラスに分けることになり、1クラスの児童数は27名になり少し減ります。

逆に、極端ですが、入学児童数がかなり減って38人とします。その場合は1クラス38人学級になります。

このように、児童数の増減により、1学級の児童数も変化しますので、一概には言えませんが、30人を超える児童を1人の教師が受け持つとなると大変です。

特に友だち関係には配慮が必要です。一人ひとりの児童の性格と人間関係を照らし合わせ、班編成や当番、係などのグループ編成を行わなければならないからです。

失敗すると、仲間はずれやいじめにも繋がってきますから。そうはいっても40人近くいる児童を一人一人細かく観察することは不可能です。40人学級は目が届きにくいというのが欠点です。

学習指導

次に、大変だと感じるのは学習面です。小学校教師は基本的に全教科を教えますので、毎時間の授業の予習は欠かせません。

特に図工、家庭、理科などは、前もって、使う材料の準備が必要になってきますので、学校帰りに買い物に行かなければならないこともたびたびあります。

また、国語、算数については、毎日宿題がありますので、その○つけを下校時刻までにしなければなりません。日によっては給食時間中に○つけをすることもあります。授業中に児童が記入したドリルなどは、毎日放課後に○つけをしますが、人数が多いので、全員分終えるのに2時間くらいかかってしまうこともあります。

それから、一人ひとりの学力が違うので、同じ時間に全員が理解できる授業をするというのが難しいです。また、欠席した児童がいる場合は、別の日に補修という形で昼休みなどに授業をする必要があるので大変です。

以上のように、小学校教師の一番の苦労は児童数の多さと、それによる授業中の課題プリントや学習プリント、宿題等の○つけ量の多さです。プリント等のチェックには時間がかかります。これが解消されれば、一人ひとりへの目が行き届きやすくなるとともに、生活面、学習面でもひとりひとりを細かく見ていけると思います。

仕事体験談