小学校教師と中学校教師の違い

2つの違い

小学校教師と中学校教師との違いは大きく分けると2つあります。

1つ目は、担任制度です。小学校教師は基本的には全員担任を持ちます。中学校教師は教科担任制です。

2つ目は、部活動です。小学校で部活動をしているかどうかは地域によります。中学校は基本的に全ての学校に部活がありますので、教師はどこかの部活に所属することになります。

担任制度

1つ目の担任制度ですが、小学校の教師は基本的に、1人の教師は1つの学級だけを担任します。そのため、授業や生活面での支援は自分の担任する学級だけで行います。

ですから、全ての科目を教えることが原則です。ただし、全教科を教えるというのは大変ですので、多くの学校では、低学年を除き、音楽や図工を、担任をしていない他の教師に任せている所が多いです。

逆に中学校の教師は、自分の専門とする科目だけを教えるのが基本ですので、授業は1年生から3年生までの全ての生徒を対象に行います。

そして、どこかの学級の担任か副担任を受け持つのですが、小学校と違って、ホームルームや給食、清掃だけを自分の担任する学級で行います。

ですので、担任する学級内で何か問題が起きたときは、生徒指導の教師とともに解決に乗り出します。
 

部活動

2つ目の部活動ですが、中学校の教師の場合、ご存じのように全ての教師がどこかの部に所属して指導を行います。授業よりも部活動に力を入れている教師も多くいます。

ですので、体育会系の部は早朝練習もあるので、教師も7時くらいには出勤しなければなりません。放課後も毎日のように16時から18時くらいまで部活動を行います。また、休日も試合などで1日つぶれることも多くあります。

逆に小学校の場合ですが、地域によって部活動を行っている所とそうでない所があります。名前も部活動と言わず、スポーツ少年団といっている所もあります。部活動を行っている学校では、中学校のように部の数は多くありません。

部の数は2つくらいから4つくらいになりますので、希望する教師だけが部活動を担当します。

活動時間帯は16時から17時くらいが一般的です。休日はたまに試合や練習試合があり、教師も参加します。しかし、中学校ほど活動時間は長くありません。

以上のように、小学校と中学校の教師の違いですが、小学校教師はやはり、受け持つ学級の授業と生活指導が中心になります。中学校教師は、小学校教師と比べると部活動の指導が占める割合が大きくなることが多いでしょう。
 

仕事体験談