消防士の待遇

消防士の各種手当

身を危険にさらすことが多くなる消防士の仕事は、デスクワークの公務員と比べると、やはり心身ともに大きな負担を要します。

こうした職務の性質から、消防士は月額の給与とは別に各種手当が支給されます。

その額は自治体によって異なりますが、毎月数万円から10万円を超えるケースもしばしば見られます。

手当の例としては、まず、火災や事故の現場に急行する第一線で働く消防士の場合、出動の回数に応じて「消防業務手当」が支給されます。

また、非番の日に緊急出動があった場合の「緊急出動手当」、さらに隊長になるとその職務に対する「警防手当」や、梯子隊としての業務に従事した場合の「梯子手当」などもあります。

こうした手当の支給額は、1回につき数百円程度とそこまで大きい額ではありませんが、消防署によっては出動回数が非常に多くなるため、結果としてだいぶ給料に上積みされることになる人もいるようです。

このほか、職務のなかで負傷・殉職した場合には「障害補償」や「遺族補償」なども受けることができます。

消防士の保険

とくに家庭を持つ消防士の場合、ほとんどの人が手厚い補償が受けられる保険に加入しています。

消防士を対象とした死亡保険・入院保険・傷害保険には民間のサービスもありますが、消防署全体を対象とした団体保険に加入することもできます。

団体保険は全国の消防士が加入する財団法人全国消防協会などが提供し、民間の保険よりも安く加入することができるという特徴があります。

しかし、こうした団体保険はあくまでも定期であり、それに加えて別の民間の終身保険に加入することもできます。

自分の職務内容のリスクや家庭状況などをよく考え、バランスの良い保険を組むことが大切だといえるでしょう。

消防士の寮

多くの消防署では、消防士専用の寮が完備されています。独身寮だけでなく家族寮もあるため、結婚してから住まいの心配をする必要はないかもしれません。

こうした、いわゆる公務員宿舎は家賃や共益費が一般のマンションなどと比べて非常に安くなっています。

消防士は心身ともにハードな仕事ではありますが、その分、公務員としての手厚い待遇の下に働くことができます。