消防学校、消防大学校とは?

消防学校とは

消防学校とは、各自治体の消防士を教育・訓練するための機関です。

各都道府県に1つ置かれており、(ただし、東京都は東京都消防訓練所、東京消防庁消防学校がある)原則として6ヶ月間の研修が全寮制で行われます。

消防学校は各自治体の消防官採用試験を合格した人のための新人研修の場です。

基礎体力向上のためのトレーニングはもちろんのこと、消火活動訓練、心肺蘇生法、消火作業に用いる器具の取扱いなど、実践的な訓練と学習を行います。

また、消防学校で修業する初任科生は、給与と手当などが支給され、学費は無料となっています。

消防学校での生活

消防学校は全寮制です。基本的な1日の流れは以下の通りです。

起床→点呼と早朝トレーニング→清掃→朝食→訓練・学習等のカリキュラム→昼食・休憩→訓練・学習等のカリキュラム→清掃→夕食→自由時間→消灯・就寝

また、基本的には土日祝日は寮から離れて自宅に戻ることが許されています。

消防大学校とは

消防大学校とは、各自治体に置かれた消防学校とは異なり、消防庁の幹部候補を養成する目的で設立された機関です。

気象大学校や防衛大学校のような省庁大学校の一環で、東京都調布市に本部が置かれています。

消防大学校では火災・救助・警防などに関わる知識と技能を習得するための学習・訓練が行われ、年間1,200名ほどの教育訓練を行なっています。

学科は総合教育と専科教育の2部に分かれ、全寮制となっています。

また、消防大学校では現役の消防士を対象とした実務講習も行っており、緊急消防援助隊教育科、危機管理・防災教育科に分かれて実施され、指揮隊長コース・航空隊長コース・自主防災組織育成コースなどの専門的かつ実践的なコースが設けられています。