消防士採用の状況

消防士採用試験の流れ

平成27年時点での消防職員の数は162,124人となっており、最近、その数は毎年増加傾向にあります。

需要の大きな仕事といえますが、消防士の採用活動については各自治体が独自に実施しているため、詳しい状況を案内するのは難しいところがあります。

ただし、総務省消防庁が発表している「消防白書」によれば、就職に際して、転職歴や学歴等の制限はありません。

年齢など最低限の条件さえ満たしていれば、ほとんどの人が受験できるものとなっており、男女で区別されることもありません。

消防士へのステップは「消防官採用試験(各自自体が独自に実施)」→「合格者名簿登録」→「消防学校入校」→「消防官・消防士」となります。

上記の通り、消防官試験に合格した後はまず採用名簿に登録されます。正式な採用は、試験結果の成績が高い順となり、合格者の全員が採用されるわけではありません。

そのため、良い成績を獲得して正式に採用されるように努める必要があります。

採用試験は高倍率となる自治体も

安定感のある消防士は、ここ数年で職業としてもかなりの人気を取り戻しています。

たとえば、東京消防庁における採用試験の倍率は、例年Ⅰ類(大卒程度)は約6〜10倍、Ⅱ類(短大卒程度)は約11倍、Ⅲ類(高卒程度)は約13倍となっています。

自治体によってはこれ以上に高い倍率になることも珍しくなく、消防士になるのは決して簡単なわけではありません。

こうしたことから、消防士は特別な学校に通っていなければ試験が受けられないというわけではありませんが、合格者の大多数の人は受験に際して公務員受験専門のスクールを活用しているようです。

スクールでは、試験のポイントをつかんだ効率の良い勉強ができるほか、本番を見据えた模擬面接なども経験することができます。

いずれにせよ、消防士採用試験を受けることを決めたのであれば、事前に受験予定の自治体の試験内容を調べたうえできちんと対策をしておくことが大切です。