消防官(消防士)の階級

消防官(消防士)の階級の概要

消防官の階級は、火災発生と同時に現場へ急行し消火の任務にあたる「消防士」から、トップの地位にある「
消防総監」まで以下のとおり10の地位に分かれています。

消防庁の組織内の階級とは別に、総務省の管理下にあって消防庁の官職を務め、庁務の統括、所部・職員任命・罷免の任務を遂行するのが、「消防庁長官」です。

組織図として描いたときは、すべてを統括する役割を負っていることから組織のトップのように描かれますが、あくまでも総務省の事務官として監督にあたるポストであって、消防庁組織の階級の1つには数えられません。

消防士の階級と概略 ※階級が高い順

消防総監

東京消防庁の長であり、階級をあらわすと同時に職名としても使われています。

この地位と職名は、東京消防庁のみのもので、東京以外の消防本部に対しては権限を有しません。消防吏員の階級としては最高位にあたります。

消防司監

政令指定都市の消防本部で消防長を務める職員の階級です。

政令指定都市では消防長(消防局長)、東京消防庁においては次長・部長の地位となります。

消防正監

消防吏員の数が200人以上、または人口30万人以上の市町村における消防本部の消防長の階級にあたります。現場に出ることはありません。

消防監

消防吏員の数が100人以上、または人口10万人以上の市町村における消防本部の署長・消防長の階級にあたります。消防正監同様、現場に出ることはありません。

消防司令長

消防活動の現場では、複数の隊を掌握しつつ統括・遂行の指揮にあたります。実際の消火活動や人命救助にあたることはありません。

昇任試験の合格、または辞令によってこの地位に就きます。

消防司令

災害現場での指揮をとることが主な任務です。現場での指揮決定権をもち、最高責任者として任務を遂行します。

消防本部では、担当課長・課長補佐・係長、出張所長、消防署署長の階級にあります。

消防司令補

消防士長を数年間務めた後に、昇任試験を受けて任命されるのが通例です。

現場では、ポンプ隊・救急隊・特別救助隊・化学機動中隊・機動部隊など、部隊(小隊)の隊長として任にあたることが多いとされています。

消防士長

消防副士長や消防士の中から、昇任試験を受けて任命されるのが一般的です。

初級幹部として位置づけられる、消防司令補に次ぐ階級です。現場では、小隊(ポンプ・救急・救助)の隊長として任務にあたります。

消防副士長

消防士長と消防士の中間にあたる階級で、消防士の中ではリーダーのような存在です。消防士として優秀な成績を収めるなど、年功や勤務成績によって任命されます。

消防士

火災が発生した際に火災現場へ急行し、消火活動・人命救助にあたる任務を負っています。消防吏員(しょうぼうりいん)の階級の一つで、一般的には消防隊員とも呼ばれています。

※消防吏員とは、一般には消防士と呼ばれていますが、消防本部に勤務する消防職員のうち、階級を有して消火・救急・救助などの業務を遂行する職員の正式な呼称です。