消防士柾木 雄太さん

1989年生まれ。新潟県出身。神奈川大学4年時に平成24年度東京消防庁職員採用試験(Ⅰ類)合格、東京消防庁入庁。丸の内消防署に配属され、平成25年10月1日より同消防署の予防課予防係に配属。階級は消防士。

HP:東京消防庁ホームページ

消防官を志したきっかけを教えてください。

大学でラクロス部に所属しており、私が2年生の頃、消防官を目指している4年生の先輩の影響でこの仕事に興味を持つようになりました。

そのときは具体的な将来の目標がまだ見つかってなかったのですが、「人の役に立ちたい」という気持ちは強く持っていました。

そして、消防官について詳しく調べていくうちに、人を救うという明確な目的がある消防組織に魅力を感じ、消防官を目指すことを決意しました。

消防官採用試験に向けて、どのような対策をされましたか?

在学中の大学で、公務員を目指す学生を対象とした学内講座を受講しながら、図書館などを利用して自習に励みました。

消防官採用試験の筆記試験においては、一般常識はもちろん、生物や物理、歴史など出題範囲が幅広いため、まんべんなく勉強する必要がありました。

特に私の場合、数的処理やひらめきを必要とされる分野が苦手でしたので、そこを重点的に勉強しました。採用試験では体力検査も行われるのですが、そちらに関しては部活で身体を鍛えていましたので、さほど心配ありませんでした。

試験内容が気になる方は、早めにホームページなどで確認しておいた方がいいかもしれません。
参考:東京消防庁採用ホームページ

勉強と部活の両立は難しかったのではないでしょうか?

photo2

はい。平日は毎朝7時15分から昼12時近くまで部活の練習があり、土日は練習試合が入るため、勉強の時間を作るのは簡単ではありませんでした。

毎日、早起きして練習前の1時間は必ず勉強すると決めて取り組みました。

練習後はとても疲れているため、少し寝てから勉強することが多かったです。大変だと感じることもありましたが、消防官になりたいという思いは日増しに強くなっていたので頑張りました。

大学3年生からの1年間は、人生で最も勉強した時期だと思います。

採用試験合格後の消防学校での生活について教えてください。

消防学校では寮に入り、消防組織の仕事の基礎的な部分を全般的に学びます。毎朝6時のチャイムで起床すると、グラウンドに出て点呼をとります。

訓練の日と座学を受ける日があり、訓練の日は資器材(装備)の準備、座学の日は教科書など必要なものを揃え、朝食後の8時半に始業となります。昼食を挟んで午後は13時に始業し、終業は17時15分です。

その後は夕食や入浴時間となりますが、私が入校した期は同期が600人以上おり、食事等の時間はクラスごとにきっちりと分けられていました。

「時間を守って行動する」ということが、消防学校で最初に厳しく教えられたことの一つです。