書店員の面接

「本が好き」+αを語れるように

書店員を志す人は、もちろん本が好きな人ばかりであるはずです。書店員の面接を受ける人はこぞって「本が好き」であることを語ります。

その中でどれだけのアピールができるか、インパクトを残せるか、情熱を伝えられるかが書店員の面接の柱となってきます。

アピールポイントを作ろう

書店員は雑誌・書籍販売のプロフェッショナルです。雑誌・書籍を通して著者・出版社と人々をつなぐ架け橋である書店員として店舗に貢献できるアピールポイントを作りましょう。

自分の好きな雑誌・書籍の分野や好きな作家に対する知識量は立派なアピールポイントになります。また、書店員の中心業務は接客なので、それまでに接客経験がある人は加えるといいでしょう。

幼少期の読書経験や書店での思い出などを社会に還元できるような展望を語ることでも良いアピールができます。自分が書店員として勤務することでのメリットを客観的に考え、まとめておくことが大切です。

インパクトを残そう

他の面接者との違いを作るためにも、面接官にインパクトを残せるといいでしょう。そのために重要なのが独創的な観点で語れるかどうかです。

自分だけしか語れない唯一無二のエピソードや展望を考えておくことが必要です。書店員として具体的にどのような使命感を持っているか、店舗をどのように運営していきたいかなどを考えておきましょう。

書店員になりたいという情熱をどれだけ語ることができるかが勝負のカギです。

社会人としてのマナーは必須

どのような職種を目指す人にもいえることですが、社会で生きるものとして恥ずかしくない最低限のマナーは身につけておきましょう。

就職活動者のためのセミナーに参加したり、関連の書籍を読んだり、インターネットで情報を収集したりするなどの努力は日頃からしておくべきです。

書店員は接客業なので身だしなみや言葉遣いが適切であるかどうかはどの面接官も重視しています。周囲の人の助言を求めながら、自信を持って面接当日を迎えられるように準備しましょう。

ハキハキとした受け応えや元気なあいさつも普段から意識的に行っていきましょう。接客業の基本を普段の生活から身につけておけば、面接でも自然と明るい応対ができるはずです。

また、書店員は交代シフト制での勤務となるので時間に正確である人材が求められます。面接当日は時間に余裕を持って家を出るようにしましょう。

仕事体験談