書店員の勤務時間・休日

1日の勤務時間

書店員の勤務時間は、勤める店舗の営業時間に応じて交代シフト制をとっているところがほとんどです。

たとえば10時開店、20時閉店の場合、9時から18時まで勤務する人と、12時から21時まで勤務する人がいます。それぞれ1日実働8時間の2交代制でシフトが組まれるということです。

また夕刻のピーク時には17時から閉店までのアルバイト・パートが加わることもあります。

開店前や閉店後には店内の掃除や品出し、売り上げの確認や翌日の準備などを行うため、営業時間通りの出退勤とはなりません。その日の状況に応じて2〜3時間の残業になることもあるようです。

営業時間は店舗の立地によりまちまちです。たとえばオフィス街の書店では仕事帰りの会社員に合わせた営業時間になっているところが多いので、遅くまで営業している店舗もあります。

休日・休暇

フルタイムで働く書店員は、1か月に6〜8日が定休となっています。しかしシフト制の勤務なので必ずしも週末や祝日に休めるというわけではありません。

むしろ休日は1日を通して多くの来客が見込めるため、ほとんど出勤することになるでしょう。週末や祝日に休みを取りたい場合は他のスタッフとの兼ね合いを考える必要があります。

その他に年間10日程度の有給休暇がありますが、なかなか消化しづらいと感じている書店員が多いようです。また、連休も取りにくいという現実もあります。

有給を利用して連休を取りたい場合は前もって他のスタッフとの調整をする必要があります。

定休、有給とは別に夏期と年末年始に3〜5日程度の休日がありますが必ずしもシーズンにとれるとは限りません。

また、他のスタッフが急病等で突発で休んだ時や繁忙期などで人手が足りない時は、事前に決められていたシフト通りの勤務にならないこともあります。

仕事体験談