書店員勝間 準さん

昭和56年、大阪府出身。大学卒業後、スーパーに正社員として就職。その後、契約社員として書店員に転職する。大阪にて同じ書店員である、ジュンク堂書店に正社員として転職。その後、関東の書店に配属される。現在はMARUZEN&ジュンク堂書店 渋谷店にて文芸書売り場を担当している。

HP:丸善&ジュンク堂書店

書店員の仕事内容を教えて下さい。

基本的な仕事としては、その日に出る新刊や、売れている本を棚に並べたり、売れている本の発注をしたり、レジや接客をしたりです。

うちの書店は書籍数や種類が多く、お客様からも「この本ありますか?」という問い合わせも多いので、そういった対応も多いです。出版社の方が来られたりしたときには、新刊の案内を聞いたり、新刊の発注数を決めたりなどの対応もします。

書店員の一日の流れを教えて下さい。

朝、書籍が入って来るので、まずは商品を出します。商品を並べながら、途中でレジに入ったり、お客様や出版社の方の対応をします。また、昼から新刊が入ってくるので、それも並べます。その間も時間があれば売れている書籍の発注などをします。

お客様の問い合わせ対応などもあるので、なかなか自分の思っているように仕事は進まない部分もありますね。

勝間さんが書店員になられた経緯を教えて下さい?

昔から特に漫画が好きだったんで、よく読んでいました。

大学卒業後、どうしようかなと迷いながらも、スーパーで正社員として就職しました。スーパーで働いている時、たまたま別の書店さんですが、契約社員を募集していたので、応募したところ採用となりました。その書店は漫画の取り扱いがない店だったんですが(笑)

ただ、その書店は良く売れるお店で、いろいろなお客様に自分のオススメしている本を買ってもらうのはすごく嬉しくて。

ずっと書店で働きたいと考えている時に今の会社で正社員を募集していたので応募し、採用となりました。その後、関東のお店に配属になり、現在は渋谷店で働いています。

書店員としてやりがいを感じる時はどういった時ですか?

自分のオススメする本がいろいろな人に売れると嬉しいです。

ジュンク堂ならではなんですけど、やっぱりこれだけ本の点数が多いので、お客様の探している本って大体あるんです。お客様のお望みする本をお渡しすると、お客様は喜ばれるので、そこがすごく嬉しいです。

「どこに行ってもなかったのにココに来たらあった!」って言われるのは、やはり、やりがいを感じます。

現在、勝間さんのオススメする本はありますか?

オススメというよりは、最近良いと思う作家さんなのですが、朝井リョウさんですね。全般的にどの作品も好きです。残念ながら、直木賞は受賞を逃してしまいましたが。

個人的には「星やどりの声」がオススメです。あと、直木賞候補にもなった「もういちど生まれる」なんかもいいです。高校が舞台ですし、学生さんやこれから高校を卒業する子とかにも読んでもらいたい作品ですね。

仕事体験談