ショップ店員のやりがい、魅力

好きな商品に囲まれながら仕事ができる

ショップ店員の一番の魅力は、さまざま商品に囲まれながら仕事ができることです。

それが自分の好きなブランドやショップならなおさら幸せなもの。

誰よりも早く新商品に触れることができ、自然と審美眼も磨かれていき、気づけばセンスも向上していきます。

「今日はどんな商品が入荷するのだろう?」そんなことを考えると、毎日仕事に行くのもわくわくしてくるでしょう。

売上ノルマ達成を日々の目標に頑張る

アパレルショップの店員などだと発生する売り上げノルマです。

店舗やスタッフごとに設定も異なりますが、どんなお店でもそれなりにノルマが発生し、それに向かってスタッフみんながんばります。

達成できずに悔しい思いをする日もあれば、見事達成して表彰される日もあります。

働き始めた当初は、顧客もおらず一日の売り上げが0円なんて日もあるでしょう。

しかし、徐々に努力が実を結び、売り上げも伸び、気づけばノルマを達成!

アパレルショップ以外でも、高い商品や、人気のあまりない商品が自分のセールストークで売れたりしたら嬉しさも倍増です。

苦労したぶん、努力が報われた瞬間は何とも言えぬ喜びにあふれ、「今後もさらに頑張ろう!」というやりがいにもつながるでしょう。

お客さまからの感謝や喜びの声で苦労も吹っ飛ぶ

ショップ店員は日々いろいろなお客さまを接客します。

ときにはお声掛けをしても無視をされて、つらい思いをすることもあるでしょう。

しかし、どんなに冷たくあしらわれても、苦手なタイプのお客さまや話の合わないお客さまでも、相手問わず平等に接客するのがプロのショップ店員です。

誠意をもって接客をしていると「あなたのおかげで良い買い物ができたわ」と声をかけていただけたり、「前回の買い物が楽しかったからまた来たわ」とお客さまがリピーターになってくれることもあります。

それこそ、がんばってきた努力が報われる瞬間です。

ショップ店員はあくまで接客業、商品はもちろんお客さまあってなりたつ仕事のひとつなのです。

だからこそ人との出会いややり取りにも一喜一憂、「お客さまからのこの一言があるからこそがんばれる」そんな人も少なくはないのです。

SALEより安く買える!?社割引き制度

現金な話ですが、働くお店の商品が安く買える「社割制度」があるのもショップ店員の大きな魅力。

商品や店舗により割引率も変わりますが、通常4割引きから6割引きと、場合によってはSALEよりも割安で商品を買うことができます。

支払いは「その場で随時」とおうお店もあれば、「給料天引き」というお店もあります。

好きなブランドや好きなお店の商品が安く買えるのはやはり嬉しい制度です。

目指すは店長? スーパーバイザー? 本社勤務? もしくはカリスマ店員?

ショップ店員の目標というと一般的には「店長になること」が思い浮かぶ人も多いと思います。

実際、勤め始めた当初は店長を目指してがんばる人も多いでしょう。

店長になったら今度は、エリア店舗を取り仕切るSV(スーパーバイザー)に、さらに昇格するとブランドマネージャーとなる人もいます。

はたまた、「昇給に興味はない。私はカリスマス店員になるんだ!」と個人売り上げをひたすら伸ばす人もいるでしょう。

また、ショップ店員を何年か勤めるうちに、プレスやバイヤーに興味がわき、本社勤務への異動を希望する人もいたりと、ショップ店員がどこにやりがいを求めるのかは本人次第です。

望めばさまざまな方向に進むこともできる、自由度の高い仕事なのです。