ショップ店員のキャリアアップ

まずは店長を目指す

ショップ店員として働く人の多くがまず目指すのが店長へのキャリアアップです。

お店の売り上げから、スタッフの管理、商品の管理、お客さまのクレーム対応まですべてを任されるのが店長です。

もちろんお給料も上がり、何よりやりがいも格段に上がります。

しかし、どうすれば店長になれるのでしょうか?

やはりまずは、個人ノルマや店舗ノルマがあるお店ではその達成に誰よりも貢献し、他スタッフの見本となるような働き方をしなければなりません。

そのうえでエリアマネージャーやその上のブランドマネージャーなどに認められれば店長としてのポジションが与えられます。

実力はあっても店長ポジションに空きがないとなかなか昇格できないケースもありますが、早ければ数年で店長になる人も多々いるようです。

本社勤務を目指すか、エリアマネージャーを目指すか

店長まで昇進したら、次は本社スタッフを目指すか、エリアマネージャーを目指すかの二者択一となります。

本社勤務の場合はプレスやバイヤーなどに職種が変わることもあり、キャリアアップにはなっても昇給となるかどうかは微妙なところもあります。

それでも、もともとバイヤー希望だった人というなどを含め、本社勤務へのステップアップを目指す人は多くいます。

順当に昇給をしたければ、エリアマネージャーを目指すこととなります。

エリアマネージャーとは、担当エリア数店舗の運営を任されるポジションです。

それにはまず自分のお店の売り上げを目標達成はもちろん、それを大幅に上回る成績を上げるなどの功績を残し、認められなければなりません。

毎月のように売り上げ達成、大きなブランドで言えば優秀店舗に選ばれるような成績を残せば、間違いなくエリアマネージャーへの声がかかるでしょう。

ゆくゆくはブランドマネージャーに

管轄の店舗の運営も順調で、エリアマネージャーとして成功したら、次に目指すのはブランドマネージャーになります。

ブランドマネージャーとは文字通り、そのブランドの営業すべてを任される重要なポジションで、普通の企業で言ったら、課長から部長クラスともいえるポジションです。

それだけにそこまで昇給するのは難しく、またポジションも少ないため時間もかかります。

しかし、大手企業ともなれば、新しいブランドは次から次へと生まれてきますし、そのたびに新たなポジションも生まれます。

諦めずにがんばり、誰もが納得するような成績を残せば決して不可能な道ではないのです。