食品メーカー社員の仕事、業務内容

食品を製造し、世の中に流通させる

食品メーカーとは、人間が生きていく上で不可欠な「食品」を作り、世の中に届ける企業のことをいいます。

ひとくちに食品といっても、まず大きく「生鮮食品」や「加工食品」といった大きなカテゴリーがあり、加工食品だけでも調味料、菓子類、乳製品、めん・パン類、香辛料といったように、多くの細かなカテゴリーに分けられています。

また、冷凍食品やレトルト食品などのように、進化し続ける科学技術を駆使して作られている食品もあります。

食品メーカーにはさまざまな規模の企業がありますが、各社とも原材料を仕入れて商品を製造し、製造した商品を卸売や小売の流通に乗せて消費者に向けて販売することで、収益を上げています。

他の業界のメーカーとビジネスモデルは近しいですが、食品メーカーの場合、原材料が「生もの」であるところに特徴があります。

したがって、原材料を仕入れる時期に季節性があったり、時間と共に劣化しやすかったりという面があるため、品質管理や流通方法などの工夫がなされています。

また、製造した商品は最終的に消費者の口に入ることから、何より「安全性」が問われることも、食品メーカーの仕事の特徴だといえるでしょう。

食品メーカーのおもな仕事

食品メーカーはさまざまな部門で成り立っていますが、おもに以下のように分けることができます。

企画部門

新製品の開発や市場投入は、食品メーカーの利益を左右する非常に重要な要素です。

企画部門では、市場調査やデータ分析を通して消費者が求めているものを検討し、売れる商品を考えていきます。

また、すでに市場に流通させている商品の売上動向をチェックし、売上が伸びない商品について、その原因や課題についてのポイントも具体化します。

マーケティング、商品企画、営業企画といった職種の人が、このような仕事に携わっています。

営業・販売部門

「商品を売る」ことに直接携わっていく仕事です。

スーパーやコンビニエンスストアといった量販店、あるいは外食業界の企業や店舗などへの営業活動を行い、自社商品を置いてもらうように働きかけます。

同時に、店舗の売場演出やメニュー提案などまで担当することがあります。

いわゆる営業職にあたる人が、この仕事に携わります。

開発・生産部門

多くの食品メーカーでは研究所を併設しており、そこで基礎研究や新製品の開発などを行っています。

食品は、バイオやゲノムなどの最先端分野とも密接に関わっているため、そうした研究活動には非常に力を入れている企業が少なくありません。

開発担当者は、企画部門が立ち上げたコンセプトを基に、実際に商品にするための原料選定や資材選定、調合の組み立て、生産方法の検討などを行います。

その後、製造工場にて実際に生産がスタートされます。

開発の仕事については高度な専門知識が要求されることから、理系出身の技術者が多くを占めます。

管理部門

経理や人事、法務、経営企画といった組織を管理する部門の仕事です。

これらの仕事は、食品メーカーに限らず、どの企業でも経営を裏方として支えるうえで不可欠な存在です。

また、広報やお客さま相談センターなど、マスコミに対応したり、消費者からの意見や問い合わせ、クレームなどを専門的に担当したりする仕事に就いている人もいます。