食品メーカー社員に向いている人、適性

食が好きで、幅広く食に興味が持てる人

食品メーカーに務める場合、やはり「食」が好きということは、仕事をうまく進めていくうえでとても重要なポイントとなります。

徹底的に食について考えていく仕事だからこそ、お腹さえ満たされれば何を食べてもいいという考え方ではなく、自分でおいしいと思う食を探したり、さまざまな食品の新商品に興味を持ったリできる人のほうが向いているといえるでしょう。

また、とくに開発の仕事に携わる場合には、ある程度、優れた味覚を持っていることも重要視されます。

なお、多くの食品メーカーでは開発担当者に対して「官能評価試験」というものが実施されています。

それは簡単にいえば「酸味・苦味・甘味・塩味・旨味」といった味の濃度差に関するテストですが、合格しないと携われる業務が限られてしまうこともあるようです。

食を人々に届けたいと考えることができる人

食品メーカーでは、「おいしい食を消費者へ安全に届けること」を使命としています。

したがって、そこで働く社員には食べることが好きであったり、食に関心があったりすることはもちろんですが、「たくさんの人々においしく、安全な食を届けていきたい」という気持ちを持つことが求められます。

食を楽しむ心と、食を伝える心。この両方の思いを持ちあわせることができる人が、食品メーカー社員に向いているといえるでしょう。

誠実さをもって人と接することができる人

近年、食品業界では食品偽装に関する事件が何度も起こり、そのたびにニュースなどで大きく取り上げられています。

人々が身体に取り入れる「食」は、おいしく楽しめば人の生活を豊かにすることができますが、もし偽装などを行えば人の健康を害してしまったり、最悪の場合は命を落としてしまったりすることにもつながります。

それは、食品メーカーとして最もやっていけない行為であり、たった一度のトラブルが企業としての全信頼を失うことにもなります。

だからこそ、食品メーカー社員は何よりも安全・安心に対する意識を徹底し、いつでも誠実に仕事に向き合える人が向いているといえるでしょう。