食品メーカー社員のつらいこと、大変なこと、苦労

安全・安心に対する責任の重さ

食品メーカーで働くうえで最も大変なことのひとつは、食品業界そのものに「安心・安全」に対する強い意識が求められている点だといえます。

食品は、人々に楽しみやワクワク感を与えるものですが、そればかりではなく人の健康を左右するものであり、とくに日本では食品の安全性が日ごろから厳しくチェックされています。

もし、食品メーカーにおいて異物混入や食品偽装といった重大な問題が起きてしまえば、間違いなく世間からバッシングを受けることになり、最悪の場合、会社の存続すら危うくなってしまうかもしれません。

実際、そうした例は過去にニュースでも報じられています。

食品メーカーは、世間一般の人々にもよく知られている企業が多いため、良くも悪くも注目されやすいという一面があります。

もし会社でトラブルが発生すれば、自分が直接その問題に関与していなかったとしても、「○○の社員」という目で見られる可能性もあります。

食品メーカー社員には、どのような職種に就くにしても、それだけ責任の重い仕事に携わっているのだという自覚が求められます。

営業職はとくに大変?

食品メーカー社員のなかでも、とくに仕事が大変だといわれているのが営業職です。

営業の仕事の厳しさというと、よくいわれるのは「ノルマに追われる」といった点ですが、食品メーカーの営業の場合は「体力勝負の面も大きい」という点が大変だといわれる理由につながっているようです。

それというのも、食品メーカーの顧客となる量販店や小売店、飲食店などは土日に稼働していることが多いため、営業は休日出勤をして、顧客からの問い合わせや商談に対応しなくてはならないことがあります。

また、たとえばスーパーマーケットを顧客に持っている営業の場合、自社の製品を店頭の棚へ陳列補充するのを手伝ったり、置き場の配置を変える際に応援をしたり、といったことが日常的に行われています。

顧客の状況によっては早朝や深夜にこれらの作業を行わなくてはならず、このような点で体力も必要とされています。