食品衛生監視員の養成施設とは

養成施設の概要と種類

食品衛生監視員になるためには、まず「食品衛生監視員」の任用資格を取得する必要があります。

この資格の取得方法はいくつかありますが、そのうちのひとつとして、「厚生大臣指定の食品衛生監視員養成施設での所定の過程を修了した者」というものが定められています。

食品衛生監視員養成施設とは、厚生労働大臣の登録を受けた施設のことをいい、全国の学校法人や国立大学法人が中心となっています。

現在、かなりの数の大学等が養成施設として認定されているため、選択肢は比較的広いといえるでしょう。

なお、養成施設として認定されている学部や学科などの例としては、理工系学部の生物系学科、農学部、人間科学部、健康栄養学部、そのほか食品衛生に関わる学部・学科が挙げられます。

詳しくは、厚生労働省や厚生労働局、各自治体のホームページ等で確認してください。

養成施設で学ぶとどうなるの?

食品衛生監視員の養成施設で所定の科目・単位を修得すると、卒業時に食品衛生監視員の任用資格を得ることができます。

任用資格であるため、ただ持っているだけで効力を発生するものではありませんが、その後、国家公務員(検疫所)や地方公務員(県や地方自治体の保健所)のどちらとして働く場合であっても、この資格は必須となります。

そして、実際に公務員として食品衛生の部局に配属されたときに、「食品衛生監視員」と名乗ることができるようになります。

同時に、これらの養成施設では一般的に、指定する科目群を修得することで、同じく任用資格である「食品衛生管理者(食品を扱う営業を行う場合、営業許可を受ける施設ごとに1名以上置くことが必須とされる資格)」も取得可能です。