食品衛生監視員に向いている人、適性

「食の安全」に対する興味が強い人

食品衛生監視員は、世の中の人々の食生活を守る「食品衛生のプロ」として活躍します。

仕事をするうえでは、食品に関する法律や食品の試験検査技術など、さまざまな知識や能力が必要とされるため、何よりも「食の安全」に対する強い興味関心を持っていることが不可欠だといえます。

「好きこそものの上手なれ」という言葉がありますが、まずは自分の仕事を好きになり、わからないこと、知らないことを自ら積極的にどんどん勉強して知識を深めていくことで、より多くの人の役に立つことができるようになるでしょう。

人とのコミュニケーションが好きな人

食品衛生監視員は、一見、机に向かっての仕事や検査ばかりしていると思われがちですが、実は食品関係の事業者や市民など、人と接する機会が多々あります。

その際には、関係する法令や専門用語などをわかりやすく説明したり、相手の立場や置かれている状況などを踏まえながら、食品衛生についての正しい知識を伝えることが必要となります。

そのため、人とのコミュニケーションが得意、あるいは好きな人に向いている仕事です。

社会貢献の気持ちや責任感が強い人

食品衛生監視員は公務員であるため、国民全体や地域住民のために奉仕する精神が不可欠です。

社会貢献に対する気持ちが強く、公平性をもって仕事がしたいと思える人に適した仕事です。

また、昨今の日本ではさまざまな食の問題が取り上げられており、そこに直接的あるいは間接的に関わっていくこの職種は、とても重要な役割を担います。

「幅広い専門知識を身に付けることで、人々を守りたい」といった強い責任感がある人にこそ、向いている仕事だといえます。