職業訓練指導員の仕事内容、役割

職業訓練指導員とは何か

職業訓練指導員は、公共職業訓練や認定職業訓練において、主に訓練を担当する人のことをいいます。

「職業訓練」とは、求職中の人や学卒者(高卒)の人を対象とした、就職の手助けとなるための「さまざまな訓練」のことをいいます。

さまざまな訓練とは、たとえばプログラミングやWebデザインなどのIT関連や事務関連、医療介護などが挙げられます。

求職中の人は、仕事に就くために必要とされる基礎的な技能・技術の訓練を受けてスキルアップすることにより、自身が望むとおりの就職につなげることを目指していきます。

キャリア形成のアドバイザーにもなる

職業訓練指導員は、求職中の人に技術を指導するのみならず、キャリアに関して悩んでいる人々のよきアドバイザー役としても活躍します。

たとえば就職に必要となる情報の提供、その人自身に合った教育訓練プログラムの作成、あるいは生活指導まで行うこともあります。

職業訓練指導員にはまた、コンサルティングを通して、ときには相談者自身が発見できていない問題を掘り起こし、解決に導く役割も期待されています。

キャリアで悩み、就職を目指している相談者にとっては非常に心強いパートナーとなります。

職業訓練は全国のあちこちで積極的に実施されており、社会貢献性の高い仕事だといえるでしょう。

就職先、活躍の場

職業訓練指導員は、全国の「職業能力開発施設」で勤務しています。

具体的には、職業訓練支援センター、職業能力開発促進センター、職業能力開発大学校などが主な活躍の場となります。

職業訓練指導員になるには、まず「職業能力開発総合大学校」を卒業するか、都道府県が実施する「職業訓練指導員試験」に合格するなどをして、公的資格である「職業訓練指導員免許」を取得しなくてはなりません。

そのうえで、各職業能力開発施設が実施する採用試験を受験し、職員として採用される必要があります。