書道家の現状と将来性

書道家の現状

書道家は、大きく分けて2種類の働き方があります。

一つは、小学生など一般の人に書道を教える書道教室の先生、もう一つは、型にはまらず自由に文字を描き、店頭の看板や額に飾り芸術を提供する道です。

働き方はそれぞれ異なりますが、どちらの場合も、書の道を通して日本の文化というものを世に送り出す仕事です。

最近では机にしっかりと向き合って書道をする小学生が減ってきているようですが、一方で日本の文化が世界でも高く評価され始めており、現在はグローバルな活躍をする書道家も増えてきています。

書道家のニーズ

日本の文化が少しずつ世界に広まり、現在は海外で書道を教える先生も増えてきています。

日本の生徒だけでなく、海外の生徒達も墨の香りに触れ、書道を通して日本の文化に触れることを楽しんでいます。

カラフルな海外の文化と比べ、モノクロで表現する世界は、とても新鮮なものなのでしょう。墨が織りなす芸術は空間を上質に彩る力があり、和食料理店に限らずさまざまなお店で書が飾られています。

パソコンやスマートフォンなどが普及して、子どもたちが自分で文字を書くという習慣が少なくなっている現在ですが、世界的な観点から見ると、少しずつニーズは増えてきているのかもしれません。

書道家の将来性

書は、同じ文字でも、書く人の表現の仕方によって、見る人へさまざまなメッセージを伝えることができます。そういった意味で、書は「書く」のではなく「描く」のだ、と書道家は言います。

画家が絵を描いて芸術を表現するように、書道家は書によって芸術を見出します。

絵を描くということよりも身近に簡単に表現でき、日本の文化も感じられる書道という道は、これから長い目で見ても絶えることなく、時代と共に形を変えながら受け継がれていくことでしょう。