書道家の活躍の場

活躍の場は意外と多い

私たちの生活はたくさんの活字で溢れています。現代ではその多くをコンピューターで作成することが主流になりました。

しかし、時代が移り変わっても、気持ちのこもったあたたかい手書きの文字が好まれる場面はいくつもあります。

書の道のプロであり、美しい文字を書くことを得意とする書道家には作品制作のみならず、さまざまな場所で活躍するチャンスがあります。

神社仏閣は達筆だらけ

神社や寺院の境内の中では掲示物や各種表示の多くは、達筆な字で手書きされています。

スタッフの中に腕に覚えのある人がいた場合は一任されていますが、そうでない場合は書道家に委託されます。

また僧侶や神職に書道の指導を行っている書道家もいます。

冠婚葬祭に達筆はつきもの

たとえば、お葬式の際、花輪や供物に付けられた名札、結婚式や各種お祝いの際、フラワーギフトに添えられたメッセージ・・お悔やみの席でもお祝いの席でも手書きの文字表示が求められています。

これを請け負う書道家もたくさんいます。人々の生活に密接に関わる冠婚葬祭では心のこもった美しい手書き文字が好まれるのです。

デザイナーでもある書道家

たとえば街を歩いている時、力強い筆文字で書かれた看板を目にすることがあるはずです。テレビ番組の題字や雑誌や新聞、各種広告等、書道家の技術を必要とする現場が数多くあります。

こういった分野では達筆であるだけではなく、高いデザイン性が求められます。書道家は時に、デザイナーとしての手腕を発揮する必要があるのです。

ある程度、取引先の意向や注文を聞きながらの作品制作になることもありますが、先方の利益に貢献できたとき、とても感謝され、次の仕事につながることも少なくありません。

人気のパフォーマンス書道

美しい姿勢、時に力強く、時にしなやかな筆遣い、筆が紙を擦る小気味のいい音・・書道家の魅力はその作品のみならず、作品制作の際の所作の美しさにもあります。

書道家が実際に筆をとって作品制作をする姿が一つのパフォーマンスとして高い人気を博しているのは最近に始まったことではりません。

とくに大きな筆で大きな紙に全身で文字を書くダイナミックなパフォーマンスは見る者を圧倒します。

書道家は各種イベントやテレビ番組等で公開揮毫を依頼される場合もあります。大きな緊張感の中での揮毫は己の集中力が試される絶好の機会であるといえるでしょう。

書道家の中にはこのようなパフォーマンス書道を得意とし、活躍している人もいます。