市役所職員の資格

市役所職員になるための資格とは

市役所職員には、主に事務的業務などを行う「事務系」(一般行政職)、土木・建築・農業などの専門的知識・技術を活かして働く「技術系」(技術職)の2種類があります。

これらの職員になるための資格は、地方公務員採用試験に合格することです。

採用試験は、たいてい「Ⅰ種」、「Ⅱ種」、「Ⅲ種」、「上級」、「中級」、「初級」のように分けて行われます。

これらの区分は、試験の難易度を示しており、それぞれ「大学卒業程度」、「短大卒業程度」、「高校卒業程度」の知能や知識を問う試験になります。

通常、事務系職員を対象にした採用試験の受験資格は、年齢ぐらいです。学歴を受験資格に定めていない限り、学歴に関係なくどの試験区分も受験できます。

事務系でも情報に関わる上級の職種では、特定の技術試験に合格している者が受験資格になることもあるようです。

一方、技術系職員の受験資格は、高校卒業程度の試験の場合は年齢のみが多いようですが、大学卒業程度の試験では、市によって、職種についての専門課程履修者、もしくは履修見込みの者などが挙げられています。

有利な学部は?

さて、それでは仮に、上級の市役所職員を狙う場合、有利な学部はあるのでしょうか?

まず、事務系職員については、試験で、法律、経済に関連した問題が多く出題されるため、法学部、経済学部が有利だとよく耳にします。

しかし、大学の学部で勉強したことだけでは採用試験合格は難しいため、法学部・経済学部に進んでだからといって圧倒的に有利とはいえないようです。

そのため、有利かどうかで学部を選ばず、自らの興味のある学部で学びながら、別途、採用試験対策にしっかり取り組めばよいという声も聞かれます。

次に、技術系職員は、専門知識や技術が求められる仕事なので、自分が就きたい具体的な職種に関連した学部に進む必要があります。

たとえば、土木系、建築系の部署に就きたいなら工学部、農業系なら農学部などが考えられます。