市役所職員になるには

ここでは市の職員のうち、主に市役所を職場とする職員について解説していきます。

「事務系」(一般行政職)と「技術系」(技術職)、2つの職種

市役所職員は、大まかに「事務系」、「技術系」の2つの職種にわかれます。

まず、「事務系」の仕事内容は、住民登録の手続きや各種証明書の発行などから、地域振興、市の財政運営などまで幅広い事務作業全般。

次に「技術系」は、土木、建築、化学、情報などの専門知識・技術を活かして、都市計画、市の施設や設備の設計・工事の監督、通信インフラの整備などを行うことです。

いずれの職種も、各自治体が実施する職員採用試験に合格すれば、原則的に採用されて市役所職員になれます。

公務員試験の難易度

一般に、採用試験は難易度別に、大学卒業程度の能力を前提とした「上級」、短大卒業程度の「中級」、高校卒業程度の「初級」に分けられており、自治体によってはそれぞれの試験区分を「Ⅰ種」、「Ⅱ種」、「Ⅲ種」、あるいは「大学卒業程度」、「短大卒業程度」、「高校卒業程度」と呼んでいます。

多くの場合、これらの区分は、難易度を表しているだけで、学歴を受験資格に定めたものではありません。

したがって、大卒者でなくても、年齢などの受験資格を満たせば基本的に「上級」や「大学卒業程度」の試験を受験できますし、「上級」と「初級」の併願も可能です。

また、市の中にはこれらの区分以外に、社会人対象の試験や、「特別枠」と呼ばれる典型的な公務員試験の代わりに、小論文と面接などを行う採用試験を設けているところもあります。

なお、事務系職員はほとんどの自治体で募集されますが、技術系は、自治体や年度によって募集がなかったり、あっても採用数が少ないことがあります。

詳細は、各自治体のホームページなどでチェックする必要があります。

受験資格と試験内容

試験区分ごとの受験資格、試験内容などは自治体によって異なります。参考までに例を挙げてみます。
※「年齢」は受験年度の4月1日時点
※教養試験=政治、数学、国語など幅広い科目に関する一般知識と一般知能を問う試験。

大学卒業程度

<事務系>
・受験資格:21歳~29歳ぐらい。学歴、住所(例:□□市に居住、もしくは居住できること)などが要件になる場合あり
・試験内容:教養試験、専門試験(政治学、行政学、社会政策など)、論文試験、面接試験など。教養試験、面接試験のみも多い

<技術系>
・受験資格:21歳以上30歳未満。職種に関する専門課程の履修、もしくは履修見込、特定の技術試験合格などが要件になることもある
・試験内容:教養試験、各々の専門分野についての専門試験、面接試験など
※専門試験例「土木分野」の場合:数学、応用力学、測量など

高校卒業程度】

<事務系、技術系>
・受験資格:17歳~20歳ぐらい。受験資格は年齢のみが多い
・試験内容:教養試験、適性試験、作文、面接試験など