市役所職員になるには

ここでは市の職員のうち、主に市役所を職場とする職員について解説していきます。 「事務系」(一般行政職)と「技術系」(技術職)、2つの職種 市役所職員は、大まかに「事務系」、「技術系」の2つの職種にわかれます。 まず、「事 … 続きを読む

市役所職員に向いている人、適性

親しみやすさ 市民などを対象に、ある市役所が行ったアンケートによると、「市役所職員に必要なもの」の第1位に挙がったのは「ていねいで親しみやすい態度」でした。 多くの市役所でも、理想の職員像の条件に、ていねいな対応や親しみ … 続きを読む

市役所職員に必要なこと、求められるもの

自治体主導の時代に求められるもの 市役所職員に求められるもっとも基本的なことは、市民に尽くすという姿勢です。つまり常に市民の生活をより良くするにはどうすればいいかを考え、行動することが大切です。 とくに現在は、国から多く … 続きを読む

市役所職員採用試験の難易度、倍率

3つに区分された試験 市役所職員は、行政の仕事を幅広く行う事務系(一般行政職)と土木・化学・電気など自らの専門分野の仕事を行う技術系(技術職)に分かれます。 職員になるために合格しなければならないのが、職員採用試験です。 … 続きを読む

市役所職員の学校(大学、学部)、学歴

やっぱり国立大出身じゃないとダメ? 「市役所職員の採用試験に強いのは、国公立大学法学部、もしくは、私立の中堅大学卒業生。これらのレベルまでいかない大学では合格は難しい」こんな話を耳にすることがあります。 たしかに、合格者 … 続きを読む

市役所職員の資格

市役所職員になるための資格とは 市役所職員には、主に事務的業務などを行う「事務系」(一般行政職)、土木・建築・農業などの専門的知識・技術を活かして働く「技術系」(技術職)の2種類があります。 これらの職員になるための資格 … 続きを読む

市役所職員の志望動機、面接

学力より人物重視 面接は、市役所職員の職種を問わず、ほとんどの第二次、第三次採用試験で行われています。 しかも最近では人物重視で採用する傾向にあるため、学力試験より面接に重きが置かれがちだといいます。 市の中には、一次試 … 続きを読む

女性の市役所職員

地域社会に貢献でき、長く安定して働ける市役所職員。そのイメージから市役所職員は女性に人気の職業で、市の地方公務員採用試験合格者の内、女性の割合は、平成7年以降、5割前後を保っています。 ここでは、市役所職員は、本当に女性 … 続きを読む

市役所職員への転職、中途採用

社会人枠の特徴・条件 民間企業から市役所職員への転職(中途採用)を狙うなら、最近、増加傾向にある「社会人経験者対象」「民間企業等職務経験者対象」採用試験の受験が考えられます。 ただし、増えているとはいうものの、すべての市 … 続きを読む

高卒の市役所職員

高卒で市役所職員になるには 市役所職員は、事務的業務を担当する「事務系」(一般行政職)と土木、建築、情報などの専門知識や技術を活かして業務をこなす「技術系」(技術職)に分かれます。 多くの場合、それぞれの職員になるための … 続きを読む