執事の現状と将来性

一定の需要があり続ける仕事

一般の人々にとって、おそらく執事はまったく馴染みのない職業といえるでしょう。

とりわけ、日本では執事を雇うような大邸宅に住んでいる人は限られており、執事として働く人の数も、他の職業に比べればずっと少ないのが実情です。

それでも、社会的立場のある方はビジネスなどで激務を極める中、日々の時間を確保するために執事サービスを必要とします。

そうした需要に応えるべく、日本国内でも富裕層の方々に満足いただける執事サービスを提供する企業が登場しています。

執事は、お客さまとの信頼関係が何よりも大切であり、またお客さまごとに異なる要望に確実に応えていくオーダーメイドのサービスを提供するため、誰しもが一朝一夕でできる仕事ではありません。

確かに限られた世界の話となりますが、どの時代でも富裕層は必ず存在するため、執事はこの先も一定の需要があり続けるビジネスだといえるでしょう。

執事の将来性

執事は個人の邸宅に通勤、あるいは住み込みで働く人が多いですが、たとえばラグジュアリーホテルや高級マンションなどでも必要とされることがあります。

まだ数は多くないものの、活躍できる場面は少しずつ増えているといわれています。

暮らしが便利になった現代社会では、生活により多くの「こだわり」を持つ人も増えています。

とりわけ、一分一秒を気にするほど多忙であり、限られた時間内に最高のパフォーマンスを出したいと考える富裕層の方々は、そのこだわりも一般の人よりもずっと多くなりがちです。

そんなお客さまのあらゆるニーズに応えられる執事は、全幅の信頼を寄せられるようになり、長く働き続けることができるでしょう。

また、グローバル化が進んだことにより、日本で働く執事も当たり前のように英語力が求められるようになっています。

大企業のオーナークラスになると、世界各国に邸宅を持つ人も少なくありませんし、海外からゲストをお招きする際に、各種手配やコミュニケーションを行う機会も増えています。

これからの執事は、日本で働くにしても、高い語学力を身に付けていることがマストになっていくものと思われます。