執事の給料、年収

使用人としては高額な収入が得られる仕事

執事の給料は、その人の執事としての能力や、経験、またお客さまからの信頼度によって大きく異なります。

使用人として働く人は大勢いますが、なかでも執事は、主に家事を担当するハウスキーパーよりも求められる能力が高く、また業務内容も多岐にわたるため、得られる収入は比較的高額となります。

ある調査によれば、アメリカで働く執事の年収は日本円にして約350万円~880万円と発表されています。

執事の歴史が長いイギリスや、世界の富豪や貴族に仕える執事の場合、年収1000万円を超える人も珍しくないようです。

また、この仕事は経験によって培ってきたものが生かされる面がとても大きいことが特徴であり、ベテラン執事になればなるほど、高額な収入を得られる傾向もあるといわれます。

信頼されることで収入は上がる

日本国内にも執事サービスを提供する企業がありますが、そのような会社に採用されて執事として働く場合も、能力や経験などによって給料が変わってきます。

給与の形態は、月給制であったり時給制であったりとさまざまですが、お客さまと直接契約を結ぶケースもあります。

実力ある執事の場合、時給にして、なんと3万円程度をもらう人もいるようです。

さらに勤務実績が良かったり、お客さまから認められるようになると、ボーナスが支給されることもあります。

執事は、お客さまのニーズにお応えするためにさまざまな業務を素早く、的確にこなさなければならず、また時間的にも柔軟性を求められるなど、大変な面も多々ある仕事です。

しかしながら、お客さまから大きな信頼を寄せられるようになれば、その分だけ収入や待遇面でも十分な見返りがある仕事だといえるでしょう。