執事の1日

仕えるお客さまによって、1日の過ごし方は異なる

執事の1日の過ごし方は、どのようなお客さまに仕えるかによって異なります。

また、お客さま自身の日々のスケジュールによっても執事の行動は変わってくるため、一概に「執事はこういう生活をしている」とはいえません。

ここでは、一つの例として、お客さまの邸宅に常駐して働く執事のある1日のおおまかな過ごし方を紹介します。

常駐して働く執事のある1日

5:00 起床

お客さまに朝食を提供する前に、先に自分の朝食を簡単に済ませます。

5:30 朝食の準備

コックとメイドが行っている朝食の準備が滞りなく進んでいるか確認します。

6:00 朝食の給仕

富裕層のお客さまは、食事に相当なこだわりを持つことが多いです。

好みのフルーツ、水の温度などすべてに渡って気を遣い、気持ちよく1日をスタートしていただけるよう努めます。

7:30 予定の確認

お客さまの1日の予定について、専属の運転手やお客さまの会社の秘書などと確認します。

9:00 ご家族のサポート

お客さまをお見送りした後は、奥様やお子さんのサポートにあたります。

13:00 贈答品の準備

お客さまがビジネスなどで関わる方への贈答品の手配を行います。相手の好みなどの情報を集めながら、失礼のないものを贈らなくてはなりません。

15:00 掃除の指示

富裕層の邸宅には高価な美術品も多くあるため、掃除や片付けの際にも細心の注意を払う必要があります。

実際に掃除をするハウスメイドの方々が、決められた手順と方法で掃除ができるように指示を出していきます。

16:30 お子さまの勉強サポート

お子さまに直接勉強を教えることもあれば、そばで見守ることもあります。

お客さまからは、有名小学校へのお受験対策に関する情報を集めてほしいといったニーズも多くあります。

19:00 夕食の給仕

お客さまが外食されず、自宅で食事をとられる日は、好みに合わせた料理やワインを給仕します。

21:00 自由時間

自分に与えられた部屋で読書などを楽しんだり、外出をすることも可能です。

23:00 就寝

家全体の戸締りを確認してから就寝します。