執事は英語力が必要?

英語が必要とされる理由

執事として働くためには、一定以上の英語力が必要とされています。

一定以上というのは、日本国内で働く場合「TOEIC700点」程度を基準とされるケースが多く、英語力はあればあるほど優遇される傾向にあるようです。

執事が働くうえで、英語が必要となる場面はいくつもあります。

たとえば、富裕層のお客さまは、日本人であっても世界のVIPとも交流を持っているケースが多く、日本にVIPを招いた際には、執事も相手とコミュニケーションをとらなくてはなりません。

また、自分が仕えるお客さまが海外旅行をする際に、同伴してさまざまなサポートをすることもあります。

さらに、執事は海外から日本に赴任中の外国人宅でのお手伝いをすることもあります。こうなると、日常のコミュニケーションもすべて英語となることが珍しくありません。

ネイティブレベルの英語力があれば、海外での就職も可能になってきます。

執事学校の授業は英語が基本

現在、日本で執事の養成を目的とした学校は存在しないため、もし学校で専門的に学びたい場合には、世界の執事学校に通う必要があります。

執事学校は、執事発祥の地であるイギリスのほか、オランダ、カナダ、アメリカ、オーストラリアなど各地にありますが、これらには世界各国からの留学生が集っているため、基本的に授業は英語で行われます。

そのため、英語力がゼロという状態では、授業についていくのも難しいでしょう。

執事に必要とされる綺麗な英語は学校で身に付けるとしても、語彙力、ヒアリング力など、自分自身で少しでも英語力を高めておくことをオススメします。

ちなみに、もともと執事は英語(いわゆるイギリス英語)を話すべきといわれていましたが、現代では米語(アメリカ英語)が主流となっているようです。