司書のやりがい

「おもしろかった」

自分が勧めた本を「おもしろかった」と嬉しそうに返却してもらったときほど、司書としての喜びを感じることはありません。

中でも、「普段、こういうジャンルは読まないけど、興味を持ちました」などと、読書の幅が広がって喜んでもらえたときには、「司書をしていてよかった」と心から思います。

また、「図書館だより」やお勧め図書の掲示物を読んで、その本の貸出数が増えたもらえたときも、とても嬉しいです。やはり、図書館の本を通じて、利用者が読書に親しんでくれていることが分かったときには、司書としての存在意義を感じます。

本の探偵

レポート作成などで書籍から必要な情報を調べなければならない場合、多くの利用者はカウンターに問い合わせにきます。このレファレンスサービスのことを私は、密かに「本の探偵」と呼んでいました。

どんな事柄について知りたいのかを尋ね、そのヒントを元にコンピュータで検索します。私の勤務校の図書館はあまり蔵書数が多くなかったので、生徒と一緒に書架に行って直接、本を探すこともありました。

知りたい情報の載っている本をピタリと当てて閲覧してもらえたときに、やりがいを感じました。ちょっとした探偵気分を味わえるので、レファレンスの希望があると嬉しかったものです。

意外な発見

図書館の本の「背」(本を綴じてある部分の表面側で、通常は題名を記載)には、下の方に四角いシールが貼ってあります。そのシールには数字やアルファベットなどが印字されていますが、その上段にある数字が「分類記号」です。

「1」は哲学、「2」は歴史などというように決まりがあり、それにのっとって数字が割り振られるというわけです。

これを題名や表紙の写真・絵から「社会科学だろう」「技術かな? 産業かな?」などと推理することが楽しかったです。自分が想像した分類とは違ったときもまた、おもしろさを感じました。

受入作業はともすると単調な仕事になりがちですが、自分なりに工夫すればやりがいのある業務です。

仕事体験談