司書の役割

人と本の架け橋

司書の役割で最も重要なのは、「人と本の架け橋」になることです。どんなに小規模な図書館でも、どこにどのような本が並んでいるかを熟知するには、それ相応の時間と労力が必要です。

したがって、知りたい情報を調べられる書籍や読みたいと思っている本が、その図書館にあったとしても、誰もがみんな必要な本に巡り会えるとは限らないのです。

そこで、利用者の調べ物のお手伝いをするレファレンスサービスを行なったり、話題の本や関連図書を案内したりする司書の存在が欠かせないというわけです。

司書の業務内容は多岐に渡り、毎日がとても忙しいのですが、それらの全てが最終的には利用者と一冊一冊の本をつなぐために行なわれています。

人の集まる図書館に

図書館を利用する人は、性別も年齢も来館の目的もさまざまです。それらの人々が持つ「図書館への期待」に応えるべく資料や施設を整備すること、これも司書の大切な役割の一つです。

特に公立図書館は、読書を楽しむことは言うまでもなく、専門的な調査や研究もできるように、地域住民に開かれている図書館です。

税金を使って公共サービスを提供している場に、人の気配がないという状況はいただけません。利用者がどのような情報を求めているのか、どんな本を読みたいと思っているのかを的確に掴み、選書したり配架したりするのは、図書館の専門職である司書にしかできません。

若者を中心に、活字離れが危惧されている近年、人々が自然と集まってくる図書館を目指して、全国の司書たちの奮闘が続いています。

資料の収集と管理

公共図書館や専門図書館には、そこにしか置いていない資料が何点もあります。このような希少価値のある資料を収集し、長きに渡ってきちんと管理することも、司書に求められる大切な役割です。

たとえば、公立図書館では、その地域の歴史や文化、ニュースやデータなどの地元に関する情報を網羅して保存しています。新聞、雑誌、書籍、視聴覚資料など、さまざまな媒体から情報を拾い上げるのです。

こうすることで、その図書館独自の郷土資料集(コーナー)ができ、研究や調査の役に立てることができます。地道に資料を収集・管理することで、地域の学術振興に貢献するのも司書に課せられた役割なのです。

仕事体験談