司書の仕事内容

本の貸出・返却の対応やレファレンスサービス 司書の仕事は、公立図書館や小中高の学校の図書室や大学の図書館にて、本を管理し、図書館のサービスを担当する仕事です。 カウンターで貸出・返却業務とレファレンスサービスは、図書館を … 続きを読む

司書の役割

人と本の架け橋 司書の役割で最も重要なのは、「人と本の架け橋」になることです。どんなに小規模な図書館でも、どこにどのような本が並んでいるかを熟知するには、それ相応の時間と労力が必要です。 したがって、知りたい情報を調べら … 続きを読む

司書の1日

司書の仕事はさまざま 司書というと、カウンターで貸出や返却の受付をしている人というイメージがあるかもしれませんが、じつはそれ以外にもさまざまな業務をこなしています。 ここでは、司書として働く人のある1日の流れを紹介してい … 続きを読む

司書の活躍の場、勤務先

地域の図書館 最も多くの司書が働いているのが、公共(公立)図書館です。これは、地方公共団体が運営する図書館。幅広いジャンルの資料を収集し、読書を楽しんだり調査・研究したりできるよう、地域住民に公開している図書館です。 文 … 続きを読む

図書館司書と司書教諭の違い

図書館司書 「図書館司書」とは、公共(公立)図書館や企業などが有する専門図書館などで働くための資格です。これは、大学や短大在学中に「司書養成科目」の単位を修得したり、卒業後に「司書講習」を受講したりすることで取得できます … 続きを読む

司書の現状と将来性

厳しい現状 「入り口」、つまり採用の時点で厳しい現状が待ち受けています。司書の正規採用は非常に稀で、公立図書館で司書として働く場合は各自治体の公務員試験(一般行政職)に合格しなければなりません。 その上で、図書館に配属さ … 続きを読む

司書補とは

司書の補佐をする 「図書館法」という法律にのっとり、図書館で図書を専門的に扱う職が司書と司書補です。「司書」は有名ですが、「司書補」という職業・資格について初めて知る、という人もいるのではないでしょうか。 司書補とは、「 … 続きを読む

司書のやりがい

「おもしろかった」 自分が勧めた本を「おもしろかった」と嬉しそうに返却してもらったときほど、司書としての喜びを感じることはありません。 中でも、「普段、こういうジャンルは読まないけど、興味を持ちました」などと、読書の幅が … 続きを読む

司書の需要

専任以外で働く人も多数 図書館は、人々の暮らしに密着した施設となっており、そこでは必ず司書や司書補が必要とされます。 図書の貸出・返却、新着本の配架準備、レファレンスサービスなど、司書が担うべき仕事はさまざまあり、図書館 … 続きを読む

司書教諭の仕事内容

「司書教諭」とはどのような仕事? 司書は、学校の図書館(室)でも働くことができます。 全国の小学校、中学校、高等学校、特別支援学校には「司書教諭」と呼ばれる人が勤めています。 司書教諭は「学校図書館法」という法律に定めら … 続きを読む

司書と学芸員の違い

司書の仕事 司書は、おもに公立図書館や小・中・高の学校の図書室や大学の図書館にて本を管理し、図書館の各種サービスを担当する仕事です。 利用者に対して館内の利用方法の説明や貸出・返却の対応をしたり、書籍などの資料を管理して … 続きを読む

仕事体験談