通信で司書の資格はとれる?

通信でも取得可能

大学や短期大学(部)を卒業していれば、通信課程で図書館司書の資格が取得できます。その際、卒業した大学や専攻した学部・学科は問われません。既に教員免許を取得している人であれば、司書教諭の資格も通信課程で取得できます。

「通信制は自宅で学習できる」というイメージが強いですが、「スクーリング」(大学に出向いて講義や演習を受けること)や単位認定のための試験があります。

ただ、学校によっては、地方の主要都市でスクーリングや試験を受けられるところもあります。遠くの大学(スクーリング会場)へ通うとなると、時間も交通費もかかりますので、ご自身に都合の良い通信課程を探してみましょう。

最短、半年から1年で取得

図書館司書として既に働き始めている人や、転職のために急いで資格を取らなければならない人など、短期間での資格取得を目指す人のために、通信課程では、最短半年あるいは1年で司書としての知識・技術が身につけられるカリキュラムが組まれています。

インターネットを活用することで受講生の自由時間を効率よく学習に当てられるようにしたり、コンピュータ化が進む図書館の現状に対応できる司書を育てるためにIT系の科目を幅広く開講していたりと、学校によって特色があります。

またスクーリングも、春・夏2回のところもあれば、ゴールデンウィークや土・日に開講する学校もあり、実にさまざま。次に挙げる通り、多くの大学の通信課程で司書の資格が取得できます。

<最短半年>
・「八洲(やしま)学園大学」(神奈川県横浜市)

<最短1年>
・「東洋大学」(東京都文京区)
・「帝京平成大学」(東京都豊島区)
・「明星大学」(東京都日野市)
・「玉川大学」(東京都町田市)
・「近畿大学」「近畿大学短期大学部」(大阪府東大阪市)
・「大阪芸術大学」(大阪府南河内郡)
・「佛教大学」(京都市北区)
・「近大姫路大学」(兵庫県姫路市)

「教育訓練給付制度」

「聖徳大学」(千葉県松戸市)も最短1年で司書資格が取得でき、しかもこの資格の課程が「教育訓練給付制度対象講座」に指定されています。受講修了後に、ハローワークへ支給申請をすれば、資格取得を応援してくれる制度です。

前述の「八洲学園大学」も同様で、雇用保険の一般被保険者、または過去に一般被保険者であった時期があり、資格取得に3年以上(初年度は1年以上)かかっている等の条件をクリアしていれば、受講生本人が支払った教育訓練経費(授業料)の20%に相当する額(4千円以上、上限10万円)が給付されます。

仕事体験談