司書への転職

司書へ転職するには

本が好きな人にとって、司書は憧れの職業のひとつかもしれません。

一度は別の仕事に就いたものの、司書になりたい気持ちが諦めきれず、転職という形で司書になることを目指す人もいるようです。

司書へ転職したいのならば、まずは図書館司書の資格を得るところから考えるとよいでしょう。

司書の資格は絶対に必要なものではありませんが、実際には資格を持っていることが採用条件に掲げられる場合が多いため、司書資格がないと転職は難しいといえます。

司書の資格を取る方法は、大学や短大で司書養成科目の単位を修める、大学や短大、高等専門学校を卒業してから「司書講習」を受講する、そのほか、まずは「司書補」になって実務経験を積んでいくといった道が挙げられます。

司書になるには

働きながらも司書を目指せる?

司書への転職希望者は、現在の仕事を続けながら司書になるための準備をしたいと考える人も多いようです。

それが可能なのかどうか、司書講習を受ける方法から見ていきましょう。

司書講習は、全国の定められた大学にてだいたい7月から9月の2ヵ月間にわたって実施されるため、ある程度まとまった時間が必要となります。

次に、通信制の大学への入学あるいは編入で、司書になるための科目を履修することも可能です。

スクーリングの期間は学校に通わなくてはなりませんが、この方法では社会人も多く学んでいます。

もうひとつ、科目等履修生となることによって、最短1年で図書館司書になることも可能です。

働きながら司書への転職準備をすることは十分に可能だといえます。

転職の求人状況は?

司書は、全国的に見ても決して求人量が多い職業ではありません。

図書館の数は限られていますし、一カ所で働く司書の数も多くないため、スムーズに採用されることは非常に困難だと考えておいたほうがよいでしょう。

また、求人があったとしても正社員ではなく、派遣やアルバイト・パートなど非正規雇用のケースも多いため、給料や待遇面で不安を覚えることになるかもしれません。

そうした厳しい事情も理解したうえで、司書への転職を決断することをおすすめします。

司書の転職の求人情報は、おもに図書館の掲示板やホームページ、あるいは図書館に特化した求人サイトで見つけることができます。