司書の現状と将来性

厳しい現状

「入り口」、つまり採用の時点で厳しい現状が待ち受けています。司書の正規採用は非常に稀で、公立図書館で司書として働く場合は各自治体の公務員試験(一般行政職)に合格しなければなりません。

その上で、図書館に配属されなれば「司書として働きたい」という希望は叶えられないのです。

次に、給与です。正規職員として働くことが難しいとなると、パートなどの嘱託職員として勤務することになります。他の職種でも同じことが言えますが、正規採用でなければ手取りの収入はぎりぎり生計を立てられるか否か、という状態です。

さらに、給与は少なくても業務は多忙、という図書館が多く、ただ「本が好きだから」という動機では続けていくのが困難だと言えるでしょう。

また、どんなに充実したレファレンスサービスを提供できても、どんなに効率的に事務処理を済ませることができても、その能力に見合った評価が目に見える形(たとえば、有能な司書をその仕事ぶりだけで正規職員に格上げする、など)で示されることもありません。

不透明な将来性

IT化が進み、図書館に行かなくてもインターネットに接続できる環境であれば、知りたいことを自ら調べられる時代になりました。これは、図書館の必要性を感じない世代を生み、人々の図書館離れが進む要因だと考えられています。

こうなると、図書館の専門職である司書の存在も揺らいできます。

また図書館内でも、以前は司書が手作業で行なっていた事務処理を、パソコン・プリンターが代わって迅速に済ませるようになりました。マニュアル通りの手順で機械の操作ができれば、司書の資格がなくても資料整備や書籍管理が可能なのです。

実際に、司書資格を持っていなくても、司書以上に図書館業務に精通して活躍している非正規職員も大勢います。

どの職業でも同じ

しかし、社会情勢の変化が著しい昨今、誰もが容易に採用されて楽に稼げる仕事をしている、先の見通しが明るい職業というものはそれほどありません。

現在、司書として働いている人も、他の業種に従事している人もみんな、与えられた環境で自分の知識・技能を活かそうと懸命に働いているのです。

「人々の暮らしをよりよくしたい」と思って汗を流せる人は、厳しい現状に負けないで自身を高めていけます。将来性が不透明でも、前向きな気持ちで仕事に打ち込めます。

司書を取り巻く状況を客観的に見据えながら、それでも司書になりたいという気持ちを大切にしていきましょう。

仕事体験談