司書教諭の仕事内容

「司書教諭」とはどのような仕事?

司書は、学校の図書館(室)でも働くことができます。

全国の小学校、中学校、高等学校、特別支援学校には「司書教諭」と呼ばれる人が勤めています。

司書教諭は「学校図書館法」という法律に定められた職種で、学校図書館の専門的職務を担う教員として、学級数が合計12学級以上の学校には必ず設置することが求められています。

司書教諭は「読書教諭の専門家」として、学校図書館の運営・活用のための中心人物として活躍します。

図書館司書と司書教諭の違い

具体的な仕事内容

司書教諭のおもな仕事は、学校内での図書館資料の選択・収集・提供や子どもの読書活動に対する指導、学校図書館の利用指導計画の立案などです。

子どもたちが図書館を利用しやすい環境を整え、図書館を正しく活用できるようなしくみを作ったり、指導を行ったりしていきます。

学校図書館の運営・活用について中心的な役割を担いますが、それ以外に通常の教師としての仕事も担当します。

そのため、クラス担任や各教科の指導、部活動顧問なども務めることになり、司書教諭は忙しい日々を送ることになるでしょう。

司書教諭になるには

司書教諭として働くには、まず小学校、中学校、高等学校または特別支援学校の教諭の免許状を取得しなくてはなりません。

さらに、文部科学省から委託を受けた大学などで「司書教諭講習」を受講して司書教諭の資格を取得し、教育委員会や学校法人に教諭として採用される必要があります。

そして、校長から司書教諭として任命された場合に、司書教諭として働くことができます。

なお、司書教諭は教員免許とは異なる資格であり、免許状はありません。

「学校司書」との違いは?

司書教諭のほかに、学校の図書館で働く仕事として「学校司書」があります。

司書教諭と学校司書の違いは、司書教諭が教員の立場で働くのに対し、学校司書はあくまでも事務職員であり、教員ではないということです。

司書教諭は常勤となりますが、学校司書は非常勤の形で働く人もいます。