司書補とは

司書の補佐をする

「図書館法」という法律にのっとり、図書館で図書を専門的に扱う職が司書と司書補です。「司書」は有名ですが、「司書補」という職業・資格について初めて知る、という人もいるのではないでしょうか。

司書補とは、「補」という字が表す通り司書の業務を補佐する役割を担います。

「補佐」というと、司書がメインで責任ある仕事をし、司書補はサブ・アシスタントとして司書から簡単な作業を頼まれる、という印象を与えがちですが、実際には司書も司書補も変わりなく、貸出・返却業務や書架の整理、レファレンスサービスなど図書館での全般的な仕事に従事しています。

高卒で資格がとれる

では、司書と司書補では何が違うのでしょうか。それは「学歴」です。

司書の資格を取るためには、「大学や短大、高等専門学校の卒業」が必須条件なのに対し、司書補は高校を卒業後、あるいは高等専門学校第三学年を修了後に「司書補の講習」を受ければ資格が取れるのです。

経済的な事情などにより大学進学が困難な人や、専門学校に進学したけれども諸事情で図書の仕事に進路変更したい人などにも、図書館で働く道がひらかれているというわけです。

ただ、図書館での求人情報を調べてもらえれば分かりますが、「司書資格必須」と示されていることが多く、司書補だけの募集、あるいは司書や司書補の求人自体、少ないのが現状です。

司書補よりも高度な資格が司書ですから、司書補に比べて司書の資格を持っている方が採用には有利だといえるでしょう。そうはいっても、司書補も法律に定められたれっきとした「図書館専門職」であり、実際に司書補として活躍されている方もいます。

3年以上の勤務で司書へ

3年以上、司書補として図書館での勤務を経験すれば、司書講習が受けられます。その修了をもって司書の資格を有することができます。

司書補として勤務する際には、司書の資格を持っている人と肩を並べて業務に当たるわけですから、積極的に資料についての知識を深めたり、利用者に関わったりする姿勢が求められます。

仕事体験談