図書館司書と司書教諭の違い

図書館司書

「図書館司書」とは、公共(公立)図書館や企業などが有する専門図書館などで働くための資格です。これは、大学や短大在学中に「司書養成科目」の単位を修得したり、卒業後に「司書講習」を受講したりすることで取得できます。

また、司書同様に図書館の専門職である「司書補」の資格を取得後、実際に図書館にて3年以上の経験を重ね、「司書講習」を受講すれば司書の資格が取れます。

図書館司書が勤務しているのは、その多くが公立(公共)図書館。また、大学や企業などの専門的な図書館で活躍している人もいます。

司書教諭

一方、学校の図書館(室)を中心となって運営する「司書教諭」は、いわば「読書教育の専門家」。「学校図書館法」において、12学級以上ある学校には必ず司書教諭を配置しなければならない、と定められています。

教員免許が取得でき、さらに「司書教諭講習科目」が受講できる大学や短大にて、資格を取得することができます。あるいは、教員免許を取得した後に、所定の機関(主に大学)で開催される「司書教諭講習」を修了すると司書教諭の資格が付与されます。

司書教諭は、公私立の小・中・高等学校の図書館(室)で図書館業務を行ないます。公立図書館や専門図書館などでは老若男女、実にさまざまな人が図書サービスの対象になりますが、学校図書館の利用者は児童・生徒と教員に限定されます。

それぞれの講習

「司書講習」では、「図書館概論」や「図書館経営論」、「図書館資料論」、「レファレンスサービス演習」など、公共図書館で業務に当たるために必要な知識や技術を身につけられる内容を学びます。

それに対し、「司書教諭講習」では「学校経営と学校図書館」、「学校図書館とメディアの構成」「学校指導と学校図書館」というように、児童・生徒が「学習の場」として利用する学校図書館の特徴や、その果たすべき役割など、公立図書館とは一線を画する内容が盛り込まれています。

司書教諭の資格取得に必要な科目は、「図書館司書」の資格取得に必要な司書講習で開講される科目とは異なります。つまり、図書館司書の資格と教員免許を持っていても、「司書教諭」の資格を持っていることにはなりません。

ただし、「司書養成課程」と「教職課程」のある大学・短大では司書教諭の資格も併せて取得できることが多いです。

求められる業務の違い

本の貸出・返却、資料の整備、レファレンスサービス、といった種々の業務に携わるという点では、図書館司書も司書教諭も変わりありません。しかし、後者は「教諭」ですから「指導」をします。つまり、「読書指導」や「図書館指導」などを行なうのです。

これらは、計画性を持って、教育課程として行なう業務のため、単なる「案内」や「説明」ではありません。

司書教諭は、その学校の生徒が図書館を活用することで、卒業後も読書を楽しめる人になるよう導いたり、知りたい事柄を的確に調べる方法を教えたりすることが、「仕事の核」なのです。

一方、司書は利用者に図書サービスを提供する専門職ですので、来館者が快適さや利便性を感じる図書業務の遂行が求められます。

「学校司書」

司書教諭以外で、学校図書館にて図書業務に当たる人は「学校司書」と総称されます。事務職員(行政職)や実習助手(教育職)が、事務や授業の傍ら図書館にて貸出・返却業務、新着本受け入れなどの作業を担当します。

司書や司書教諭の資格を持っている人もいますが、学校によっては資格がなくても図書館を円滑に運営するために活躍している人もいます。

文部科学省 司書教諭といわゆる「学校司書」に関する制度上の比較

仕事体験談