司書と学芸員の違い

司書の仕事

司書は、おもに公立図書館や小・中・高の学校の図書室や大学の図書館にて本を管理し、図書館の各種サービスを担当する仕事です。

利用者に対して館内の利用方法の説明や貸出・返却の対応をしたり、書籍などの資料を管理して、図書館の運営に中心的に携わっていきます。

司書になるために必ず求められる国家資格などはありませんが、司書の資格を取っていると採用時に優遇されることもよくあります。

勤務先は全国各地の図書館に限定され、求人はさほど多くなく、アルバイトやパートなど非正規雇用で働いている人も少なくありません。

学芸員の仕事

学芸員は、博物館法に基づくさまざまな文化施設(美術・科学・動物・植物等々)の専門職員として、施設内に保管する資料などの収集・研究・展示準備などを行う仕事です。

各文化施設が扱う分野に対する専門知識を持ち、資料を適切に保管したり利用者にその魅力を伝えるための展示を考えたりしながら、学術振興や文化向上に貢献していきます。

学芸員になるには「学芸員」の国家資格が必要となり、大学で博物館に関する科目を履修するなどの決まったルートをたどらなくてはなりません。

勤務先は、美術館や水族館、動物園といった広義の博物館となりますが、臨時職員や嘱託職員として働く人もいます。

両者の大きな違いは?

司書と学芸員の大きな違いは、学芸員には国家資格があり、それを取得しないと学芸員になれないということが挙げられます。

司書も学芸員も、それぞれ「図書館」と「博物館」といった特殊な場所で働く仕事ですが、とくに学芸員のほうが「研究」にも携わるため、深い専門知識が求められるといえます。

どちらも人気がある職業ですが、採用人数はあまり多くないため、正規雇用で働ける人は限られています。

どちらの資格を目指すべきか

司書と学芸員、どちらになるか決め切れないのであれば、一番にどのような仕事をしたいのかをじっくり考えていくとよいでしょう。

両者は、図書館と博物館・美術館といったように働く場所や環境も違いますし、求められる知識や専門性も異なります。

また、司書であれば学校の教員として働く道が開けたり、学芸員の場合は専門分野の研究を深めていくような道も考えられます。

また、需要や求人の状況を踏まえて考えていくのもよいでしょう。

図書館司書は、最近では外部委託が進んでいることもあり、正規雇用はさほど多くありません。

派遣や契約社員、アルバイトといった非正規雇用の求人が目立つため、正規雇用で採用されるチャンスは限られていると考えておいたほうがよいでしょう。