司書の資格、免許

図書館の専門職

図書館でカウンターに座って、貸出・返却手続きを行なっている職員の多くは「司書」と呼ばれる職種の人たちです。

小学校や中学校、高校など学校の図書館(室)で司書業務にあたる人もいれば、地域の図書館で活躍している場合もあります。

司書の具体的な仕事内容は、勤務している図書館で取り扱う資料(書籍や視聴覚資料など)の選択、発注および受け入れから、分類や目録作成、貸出・返却業務、レファレンスサービス(資料案内)などです。

図書館を管理・運営していくうえで不可欠な仕事です。

大学・短大などで取得可能

司書になるために資格は必ずしも求められるわけではありませんが、実際に図書館では、司書資格を持っている人のみ応募可能となっていたり、有資格者が優先的に採用されることが多いようです。

そのため、どうしても司書として働きたいと考えているのであれば、司書の資格を取得しておくに越したことはありません。

司書の資格は、司書養成課程のある大学や短期大学(部)で所定の科目を履修すれば取得することができます。

あるいは、それ以外の大学・短大を卒業した後でも「司書講習」を受講して指定の単位を修得すれば、資格を得ることができます。

また、司書ほど認知度が高くはありませんが、司書と近しい図書館の専門職には「司書補」というものもあります。

これは、司書を補佐する役割の職です。

高校卒業後に「司書補の講習」を受けて資格を取得した司書補は、3年以上の図書館実務経験を経て司書講習を受講することができます。

つまり、大学・短大に進学しなくても司書補を経て、司書になることができます。

「図書館法」で定められた資格

図書館の設置や運営に関して必要な事柄を定めている法律が「図書館法」です。

この第5条に、司書ならびに司書補の資格について言及されています。

司書はそれだけ重要な資格であることは間違いないのですが、「取得すれば全員が図書館に勤務できる」というわけではありません。

司書の資格は、あくまでも「図書館で専門的に働くことができる知識・技術を身につけている」ことを表しているに過ぎないのです。

もし、公立図書館・公立学校の図書館で司書として勤務したいのであれば、公務員試験を受けて合格し、採用される必要があります。

また、司書には教員免許状のような公的な証明書はありません。

大学・短大の「卒業証明書」と、司書資格科目を履修したことを示す「単位修得・成績証明書」の2つをもって、司書の資格を持っていることを証明します。

ただし、大学によっては、希望者に独自の「司書資格証明書」を発行してくれるところがあります。

司書・司書補講習を受講して資格を取った人も、講習を受けた大学に申請すれば「講習修了証明書」と「単位修得証明書」を発行してもらえます。

仕事体験談