司書の勤務時間・休日

公立図書館に正規職員として勤務する場合

公立図書館に正規職員として勤務するということは、その図書館のある自治体の地方公務員試験を受けて合格しなければなりません。

司書の募集をしているある市の例を見てみましょう。「司書Ⅰ類(大学卒程度)」という試験区分で採用試験に合格すると、市立図書館にて正規職員の司書として業務に当たることができます。

市の職員の勤務時間は原則8:30〜17:15の7時間45分ですが、この図書館の開館時間は10:00〜20:00(火〜金曜日)、10:00〜18:00(土・日・祝日)なので、このうち週に38時間45分働くようにローテーションが組まれての勤務となります。

休館日である月曜(祝日の場合は翌火曜)・第3金曜日や年末年始は休みですが、週休2日制なので開館している曜日でも休日になる場合があります。

また、年次有給休暇、育児・介護休暇なども付与されます。

公立図書館に嘱託職員として勤務する場合

ある都道府県の公立図書館で、募集された嘱託での司書職には、9:15〜18:00、11:30〜20:15、9:30〜18:15という三つの就労パターンがあり、シフト制で働くことになります。

このうち、休憩時間はいずれも60分で、時間外労働(いわゆる残業)はありません。休日は、図書館閉館日である月曜日と祝日の他に、週休2日となるように組まれます。

もちろん、公立図書館は土・日も開館していますから、どちらか一日は出勤日となります。年間休日数は125日で、有給休暇も採用時に20日間与えられます。

公立小・中学校に「学校図書館司書」として勤務する場合

2000(平成12)年から段階的に始まった「総合的な学習の時間」は、学校図書館を基盤として調べ学習を行なうことが多く、それに伴って小・中学校の図書館に配される司書(「司書教諭」とは別)が増えました。

これはある市の例ですが、「学校図書館司書」として勤務する場合、9:30〜15:15(休憩45分、実働5時間)を基本とし、年間160日間、図書業務に従事しています。

もちろん、学校によって勤務時間が多少前後したり、行事がある日は図書館が閉館になったりしますので、勤務日程の詳細は勤務校と相談して決めることになります。

ちなみに、夏休みなどの長期休業中は休日となります。

仕事体験談