司書の需要

専任以外で働く人も多数

図書館は、人々の暮らしに密着した施設となっており、そこでは必ず司書や司書補が必要とされます。

図書の貸出・返却、新着本の配架準備、レファレンスサービスなど、司書が担うべき仕事はさまざまあり、図書館の適切な運営のためには不可欠な存在だといえます。

今後も図書館がなくなることは考えられませんから、司書や司書補の需要はあるといえます。

ただし、司書は専任以外の形で働いている人が多く、専任以外(兼任、非常勤、臨時、委託・派遣など)の求人が圧倒的に多い状況です。

また、専任であっても、一般的にそこまで高い収入が得られる職業ではないとされているため、司書として安定的な生活が送れるのは限られた人のみと考えておいたほうがよいでしょう。

それでも、司書は目指す人も多く、人気のある職業です。

幅広いサービスを提供するように

司書の仕事は、もはや貸出・返却業務やリファレンスサービスなどの利用者対応をするだけではなくなってきています。

各図書館のサービスが多様化し、図書館や本に親しんでもらうためのイベントを開催する図書館も増えています。

たとえば、市民への読み聞かせ会、子ども向けの図書館ツアーなど、さまざまな企画がなされています。

とくに高齢化社会を迎えている現代では、高齢者を対象としたイベントに力を入れる図書館も増加傾向にあります。

こうした多様な図書館のサービスを中心的に提供していく専門スタッフとして、司書の活躍が期待されます。

図書館司書以外の道も

司書は採用人数が決して多くないため、どうしても司書として働きたい場合、公共や私立の図書館で働く司書、つまり「図書館司書」以外の道も視野に入れてみることをおすすめします。

たとえば、学校図書館に勤務する「司書教諭」や「学校司書」を目指すという方法もあります。

もちろん、これらの採用も狭き門ではありますが、少しでも可能性を広げるといった意味では、幅広く司書として働ける場について調べてみるといよいでしょう。