司書の1日

午前中の業務

司書や嘱託職員などの人数にもよりますが、複数のスタッフで運営している図書館では、一般的に朝礼にて業務連絡を確認し合い、開館の準備が始まります。

たとえば、閲覧用の新聞を本日分に差し替え、前日分はファイリングします。また、返却ポストに届いた資料の返却手続きを済ませて、定位置に戻します。さらに、その本の周囲で分類記号の異なる書籍を見つけたら、ふさわしい書架に並べ直します。

中には、玄関の掃き掃除や除草といった美化活動が司書の仕事の一つとなっている図書館も。

公立図書館ではあれば、おおむね9時が開館時刻。ここから、来館者と対面しての貸出・返却手続きや、利用者登録が始まります。

また、レファレンスサービスにも対応します。規模の大きい図書館では、係が曜日によってローテーションすることもあります。カウンター業務担当ではない日は、新着資料の受入手続きをしたり、図書の破損を修繕したりします。

さらに、古くなったり汚損が激しかったりする本の廃棄手続き(蔵書リストから削除したり、除籍簿に記載したりする等)をすることもあります。スタッフが少ない図書館では、利用者の状況に応じてカウンター近辺で事務的な作業を進めます。

午後の業務

午前中と同じく、カウンターでの業務を行ないます。また、新しく購入する資料を検討する会議に出席する場合もあります。各図書館の予算によって頻度は異なりますが、どの図書館でも、定期的に図書やDVDなどの視聴覚資料を購入しています。

利用者のニーズや、貸借の連携ができる近隣図書館の蔵書などを考慮しながら、購入する資料を選定します。この会議は、勤務する図書館内のスタッフのみで行なわれる場合と、協力関係を結んでいる図書館の代表者が集まって開かれる場合とがあります。

さらに、講演会や子ども向けの「おはなし会」などイベントの企画会議に参加することもあります。

閉館時刻は17時から20時ごろ。曜日によって閉館時刻を変えている図書館もあります。

利用者がいなくなってから、電球の交換などの施設整備を行なったり、処理しきれなかった事務手続きを残業として済ませたりし、翌日もスムーズに開館できるように準備をしてから帰宅となります。

仕事体験談