派遣の司書

派遣でも司書として働ける

図書館で働く司書は、さまざまな雇用形態で働くことができますが、なかには「派遣」の形で働いている人もいます。

派遣の図書の仕事内容は、派遣先となる図書館によって多少異なりますが、メインとなるのは本の貸出や返却といったカウンターでの受付業務です。

そのほか、返却された本を棚に戻して整理したり、指示された通りに新しい本を購入したり、館内の巡回や清掃、あるいはデータ入力や書類作成といった事務作業を行うこともあります。

また、司書としての経験豊富な人の場合、さらに専門的な業務を任されることもあります。

派遣として働くには

派遣の司書の勤務先は、さまざまな図書館のなかでも大学の図書館が中心です。

司書資格は司書として働くうえで絶対に必要なわけではありませんが、持っていると有利になることがあり、さらに案件によっては必須の場合もあります。

派遣として司書業務に携わりたい場合は、まず派遣会社に登録をするところからスタートします。

司書の経験の有無、希望の勤務条件、その他のスキル(語学力、PCスキル)などを派遣会社に伝え、司書として働きたいことを伝えておきます。

司書の求人募集が出た際に条件が合えば、案件を紹介してもらうことができます。

司書の求人情報は、一般の求人誌にはほとんど掲載されませんが、インターネット上の求人サイトではしばしば見受けられます。

しかし、司書の求人数自体が決して多くないため、もし求人が出た際にはかなりの高倍率になりがちです。

こまめな情報のチェックが必要です。

派遣の司書の給料や待遇は?

派遣の司書の時給は、そこまで高いわけではないようです。

時給1,000円程度~1,200円で働いている人もおり、そこまでよい収入は得にくいですが、大金を扱うなど重大な仕事は任されないため気楽に働けることや、残業が少ないなどの魅力もあります。

司書は人気職種のため、正規職員はもとより、アルバイトなどの非正規での求人を見つけるのも大変です。

どうしても図書館で司書として働きたい人にとっては、派遣であっても司書業務を経験することは貴重な経験になるでしょう。