副業の司書

司書は人気が高い職種

本好きな人にとって、「図書館で働くことへの憧れ」は少なからずあるものでしょう。

司書は昔から人気がある仕事で、どのような形でも司書業務を経験してみたいと考える人は多くいるようです。

しかし、司書の求人はさほど多いわけではなく、新たに司書になりたい人が司書になるのは簡単なことではありません。

とくに正規雇用の司書の数は限られており、大半が契約や派遣、アルバイトといった非正規雇用の形で働いています。

そのため、司書を本業ではなく、アルバイトなどの副業でやることを考える人もいるようです。

公務員は副業禁止

公立図書館など、司書は公務員として働くこともできます。

しかし、公務員は「副業禁止」となっているため、副業として公務員の司書になることはできません。

もちろん、すでに公務員の司書として働いている人が、何か他の仕事をするということも不可能です(ただし、公立図書館でも、アルバイトなど非常勤として働く場合は副業が認められることもあります)

民間企業で働いている場合も、正社員の場合は就業先によって副業禁止となっていることもあるため、事前に必ず確認しておいたほうがよいでしょう。

副業の司書になるには

司書になるのに、絶対に必要な資格はありません。

しかし、多くの図書館で司書資格の有資格者を優遇しているため、資格を持っているほうが可能性は広がるでしょう。

アルバイト・パートとしての司書の求人もつねに出ているわけではありませんが、図書館はさまざまな場所にありますから、こまめに情報をチェックしていれば見つかるはずです。

副業の場合、週に1~2日程度で短時間の勤務が中心になると考えられますが、どのような条件で働けるかは図書館によって異なります。

実際、家庭を持っている主婦が、パートとして司書業務に就いている姿もよく見られます。

司書は体力を要する仕事ではなく、正社員でなければさほど難しいことも普通は任されないため、副業にしやすいといえるでしょう。