男性の司書

司書は女性が圧倒的に多い

司書として働いている人の男女比は、男性に比べて女性の割合のほうがずっと大きいようです。

図書館によっては、在籍している司書の全員が女性ということもありますし、男性が1割にも満たないということも珍しくないようです。

しかし、男性が司書になれなかったり、女性に比べてなるのが難しいというわけではありません。

男性でも女性と同じ道筋で司書になることができますし、仕事内容も男性と女性で違いがあるわけではないのです。

では、なぜ男性の司書は少ないのでしょうか?

司書に男性が少ない理由

男性の司書が少ない理由はいくつか考えられますが、そのひとつに、現実的な司書の雇用形態が考えられます。

司書は、正規雇用ではなく、嘱託や派遣、契約、パート・アルバイトなどの非正規雇用として働く人が非常に多いとされています。

なるために国家資格が求められるわけでもなく、司書資格を持っていなくても採用されることもあります。

「時給」で働く非正規雇用は、どうしても給与水準が低くなりがちですし、契約期間が定められている場合、それが終了して次の契約に結び付かない限り、同じ職場で働くことが難しくなります。

こうしたことから、フルタイムで安定的に働きたい男性が敬遠する傾向にあるのかもしれません。

しかし、採用人数は多くないものの、司書は正規雇用の公務員として働くこともできます。

生活するのに困らないくらいの収入を得て、満足いく待遇の下に働くことも不可能ではありません。

図書館のなかでも規模の大きな都道府県の図書館になると、男性司書の数もやや多めとなっているところがあるようです。

独特の職場環境になじめるか

司書が働く図書館は、規模の小さなところになると、ほんの数人~10名程度のスタッフで運営していきます。

女性スタッフが多いうえに長年勤めているパートの主婦もいるため、そうした独特の環境になじめるかどうかは、男性の司書が働き続けるうえでポイントになってくるでしょう。

実際には、スタッフに男性がいると歓迎されることもあるようです。

たとえば館内で重い資料を持ち運んだり、高所の作業をしたり、利用者側からしても男性スタッフが一人でもいれば安心という声も聞かれます。

仕事体験談