司書になるために勉強すること

専門的な勉強は必要?

司書になるために、絶対に必要とされる国家資格などはありません。

しかし、司書資格を取得しておくと就職先の選択肢が広がったり、採用に有利になったりすることもあるため、多くの人は司書資格を取ることを目指しています。

司書資格を取るための方法はいくつかありますが、そのひとつに、大学や短大で「司書養成科目」を履修する方法が挙げられます。

司書養成科目では、「生涯学習概論」「図書館概論」「図書館情報技術論」「図書館制度・経営論」といった基礎科目から、「図書館サービス概論」「情報サービス論」「図書館情報資源概論」といった図書館サービスや図書館の情報資源に関する科目について勉強していきます。

上記の内容は、「司書講習」を受講して司書資格取得を目指す方法を選んだ場合にも、講習の内容として学んでいくものとなります。

図書の専門家となる司書は、図書館のしくみや役割、図書館で保管されている情報をどのように扱っていくか、利用者にどのようなサービスを提供するかといったことを専門的に学んでいく必要があります。

公務員の司書になるための勉強

なお、もし公立図書館で公務員として働く司書になりたいのであれば、地方公務員試験を突破するための勉強をしておく必要があります。

公務員は相変わらず人気が高く、自治体によってはかなりの高倍率となるため、しっかりと問題集を解いて対策しておかないと合格は難しいでしょう。

数は多くありませんが、自治体によっては「司書」の区分で採用試験を実施するところもあります。

その際も教養試験などの筆記試験が実施されるため、試験内容をよく確認して勉強しておきましょう。

実務を通じて勉強することも

司書は、なるために必ず資格が求められるわけではありません。

そのため、司書に関する何の知識がなかったとしても、司書の求人を見つけて応募し、採用されれば、図書館で司書業務に携わることも不可能ではないといえます。

実際、アルバイトや委託といった形で働く一部の人は、司書資格を持たずに司書として働いていることもあるようです。

その場合、現場に入ってから先輩や上司に仕事を教わり、徐々に司書としてのスキルを高めていくことになるでしょう。

ただし、専門的な仕事を任されるかはわかりません。