神職・神主の資格

神職になるための資格、階位

神社を中心とした日本の神々を信仰する神道は、古代日本に発祥した宗教です。

信仰は各人の心をよりどころとするため、極端にいえば、自分で神社を建てて装束を着て神職を名乗れば、誰でも神職になることができるともいえます。

しかし、そのようなケースはほとんどないと考えていいでしょう。

全国各地にある神社の大半は神社本庁に所属しています。およそ8万社の総本山ともいえる神社本庁は独自の規定により神職資格を定めています。

神社本庁傘下の神社に奉職するためにはこの資格が必要となります。

これを「階位」といい、上から浄階(じょうかい)、明階(めいかい)、正階(せいかい)、権正階(ごんせいかい)、直階(ちょっかい)という5つに区分されています。

全国の神社のおよそ90%が神社本庁によって包括されていますが、中には神社本教などの他団体に所属していたり単一で宗教法人化している神社もあります。

それぞれの神職には独自の呼称や形態もありますが、神社で神職に就く場合は神社本庁が定める階位に準ずる場合がほとんどです。

階位取得の方法

階位を取得する方法は、主に以下の通りです。

神職資格課程を有する大学を卒業する

國學院大學と皇學館大学の2ヶ所に階位取得を目指すことができる専門学科があります。4年間で所定の単位を取得すると正階、さらに実習を受けることで明階が得られます。

通常の入試を突破すれば誰でも入学が可能です。

神社運営の神職養成所を修了する

日本全国に6ヶ所ある神職養成所の課程を修了した上で階位検定試験に合格すると階位が得られます。

ただし、入所には神社本庁からの推薦状が必要です。推薦状は現職の宮司を通して発行されるため、社家以外の人には難しい方法かもしれません。

神職養成通信教育を修了する

大阪國學院が実施している通信教育を修了し、試験に合格すると階位取得となります。

ただし、この課程は跡取りの問題などで緊急に神職に就かなければならない場合などにしか受講が認められません。

階位検定講習会を受講、試験に合格する

國學院大學、皇學館大学の2大学や各神社庁において毎年、正階、権正階、直階という3つの階位についての検定講習会が実施されています。これを受講し、検定に合格すると階位が取得できます。

これも神社本庁からの推薦状が必要であるため、社家以外で受講を考えている人は奉職先を先に見つけておき、そこの宮司から神社本庁に申請してもらうことになります。

階位と神職の「出世」

神社の規模や地域などによって、奉職している神職の数もまちまちです。

観光地としても名高い神社であれば多くの参拝客が訪れるため、かなりの人数の神職が職務にあたっているでしょうし、地方の小さな神社であれば一人で切り盛りしているようなところもあるでしょう。

その神社の責任者として運営を取り仕切る神職のことを宮司と呼びます。

神社には必ず宮司が置かれなければなりません。時々見かける無人の神社にも常駐していないだけであって必ず宮司は存在します。このような神社の宮司は他社の神職が兼務している場合がほとんどです。

宮司は前述の階位とはまた違う役職順位を表す職階の最高区分です。職階は宮司の次に禰宜(ねぎ)・権禰宜(ごんねぎ)と続いていきます。一定の階位を所持していなければ職階を得ることはできません。

基準は神社の規模によってまちまちですが明階を持っていれば伊勢神宮以外のどの神社でも宮司を務めることができます。

明階までは所定の研修を受けることで昇進が可能ですが浄階に限っては名誉階位という位置づけになります。